• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リポート

記事一覧

都心の繁華街に芝生広場が出現、カフェ併設の南池袋公園

山田 雅子=ライター、黒田 隆明【2016.4.22】

 豊島区立南池袋公園が、4月2日にリニューアルオープンした。2009年9月から東京電力地下変電所工事のために閉鎖され、2015年4月から一部開園していたが、このほど全面開園にこぎつけた。

 中心に芝生広場を配し、地元・池袋で人気の飲食店「RACINES(ラシーヌ)」などを手掛けるグリップセカンド(東京都豊島区)が、オープンスタイルのカフェ・レストラン「Racines FARM to PARK(ラシーヌ ファーム トゥー パーク)」を出店した。応募5社の中から選ばれた。

南池袋公園全景。池袋の繁華街にぽっかりと芝生広場が出現した(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]

 そのほか、小山から滑り降りる滑り台やシーソー、回転遊具など、親子連れが楽しめる遊具などを配置したり、豊島区が提供する無料公衆無線LAN「TOSHIMA Free Wi-Fi」が使えるようにしたりと、親子連れやビジネスパーソンなど様々な人たちに気軽に立ち寄ってもらうための機能を持たせている。開園時間は8時から22時まで。

カフェ・レストラン「Racines FARM to PARK」。2階は普段はブックカフェで、イベントスペースとしても使用する(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]
小山から滑り降りる滑り台は子どもに大人気だ(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]

 南池袋公園は、池袋駅東口から徒歩5分の場所にある。面積は7811.5m2。まちなかの空間にリビングの居心地を目指して整備したという同公園は、豊かな緑が特徴だ。季節に合わせた品種を育てることで一年中青々としている芝生広場のほか、園内には、区内の駒込が発祥のソメイヨシノなど約2500本の草木が植えられている。

 リニューアル計画の総合プロデュースは、豊島区役所新庁舎(関連記事)のランドスケープなどを手掛けたランドスケープ・プラス(東京都文京区)が担当した。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ