• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ワークスタイル変革の勘所

さらばお役所スタイル、紙文書山積みオフィスと決別

総務省

 広々とした空間に、曲線が印象的な白いテーブルが点在。それぞれのテーブルには4、5人のスタッフが着席─。一見、ネット系企業のオフィスのようだが、実はここ、東京・霞が関の官庁街、総務省行政管理局情報システム企画課のオフィスだ。省庁横断ITや、行政手続きがネットでできる「e-Gov電子申請システム」の開発や運用を手掛けている。

 スタッフは、国家公務員である総務省の職員や、システムの開発や運用作業を担うITベンダーの担当者たち。合わせて100人ほどがこのオフィスで執務する。

 席は、課や係といった部署単位で職員たちが同じテーブルに着くグループアドレス制。100人全員がオフィスのどこにいても、省内のネットワークにアクセスして仕事ができるよう、無線LANを整えている。

●曲線が印象的な白いテーブルが点在するこの空間は、総務省行政管理局行政情報システム企画課のオフィス。100人が省庁横断ITなどを支える

 職員がテーブルに置いているのは、ノートパソコンと内線電話になるPHS、マグカップとごくわずか。紙文書は必要最小限にとどめている。

 従来の役所のオフィスにつきものの「紙の書類がデスクに山積。職員はそこに埋もれて仕事をしている」というイメージと大きくかけ離れた光景が広がる。

Close Up

[PR]

協賛企業・団体