トップ > 細野透 「危ない建築」と「安全な建築」の境目を分けるもの > 細野透:新国立無駄遣い─安藤忠雄氏が見逃したザハ案の金食い虫リスク

細野透 「危ない建築」と「安全な建築」の境目を分けるもの建設

細野透:新国立無駄遣い─安藤忠雄氏が見逃したザハ案の金食い虫リスク(1/5ページ)

2015.07.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総工費は既に四転五転、今後も六転七転か

 東京オリンピック・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の総工費は、二転三転どころではなく四転五転して、とりあえず2520億円に落ち着きました。今後も六転七転あるいは八転九転して、完成から数年で改築費を含めると5000億円を軽く突破するはずです。また25年も経てば補修費がどんどんかさんで、1兆円に到達するのではないかという声も聞こえてきます。

 アベノミクスの大きな課題は、国内需要の掘り起こしにあったわけですので、無駄遣いの推進を陣頭指揮してきた関係者の方々はさぞ鼻が高いと思われます。

 しかし「奢れる者は久しからず」。腰の重かった政府が昨15日、建設計画の見直しに向けて着手しました。さすがに無駄遣いではアベノミクスにならないという事実にようやく気がついたのでしょう。

 また本16日には、見直し案について口を閉ざしていた建築家の安藤忠雄氏が、ようやく記者会見する段取りになりました。

 政府は建設計画をどう見直さなければならないのか。また安藤忠雄氏は問題の経緯に真摯に向き合った発言をするのかどうか。その参考にするため、今回は普段とは趣を変えて、「新国立競技場の無駄遣い功労者」を紹介することにします。

 全国紙やテレビ各局の世論調査によると、国民の9割から7割が建設計画に反対しています。その猛反対を、実に辛抱強く「ヌカにクギ、ノレンに腕押し、馬の耳に念仏、馬耳東風、カエルの面に水」と受け流して、無駄遣い計画を前進させることができたのは誰の功績なのでしょうか。

 総工費が2520億円に決まったのは、公式には下村博文文部科学相と日本スポーツ振興センター(JSC)の河野一郎理事長の功績です。まず6月29日に文部科学省の下村博文大臣が「新国立競技場はほぼ予定通り建設する」と表明。次いで7月7日に、JSCの河野一郎理事長が有識者会議で総工費を報告したのは、記憶に新しいと思います。

 さらにその有識者会議に、建築家の安藤忠雄氏が欠席した事実は、世間に広く知れ渡っています。つまり「新国立競技場の無駄遣い功労者」として、この三人は欠かすことができません。

 安藤忠雄氏は国際コンペの審査委員会に出席して、委員長としてイラク出身で英国に設計事務所を構える女性建築家ザハ・ハディド氏の設計案を強く推薦しました。そして、審査結果が公表された後に持ち上がった、建設計画の見直しに関する会合には、知らんぷりを決め込んでいます。

 安藤氏は初め大阪の新進建築家として知られていたのですが、「元ボクサー」「独学」「闘う建築家」などのイメージと、分かりやすく歯切れのいい言葉遣いで日本を代表する建築家に登り詰め、異例にも1997年に東京大学教授に抜擢されました。

 それを契機に、当時の石原慎太郎東京都知事にも信頼され、2006年5月には、「2016年東京オリンピック誘致計画」のための基本デザインを依頼されました。安藤氏は円熟期の65歳でまさに飛ぶ鳥を落とすような勢いがありました。

 基本デザインの骨格は「緑の回廊」です。これは東京湾埋立地の「海の森」、皇居・北の丸公園、明治神宮外苑、明治神宮内苑、代々木公園、青山通りや表参道などの街路樹から構成されます。残念ながらこの誘致計画は実現しませんでしたが、基本デザイン自体は高く評価されました。

 ちなみに、1964年に東京オリンピックが開かれたとき、マスターアーキテクトとして国立代々木競技場(代々木体育館)を設計したのは丹下健三氏(1913年~2005年)で、当時は51歳でした。

 安藤氏は引き続き、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会の評議会委員を務め、自他ともに認めるかたちで新国立競技場コンペの審査委員長に就任しました。しかし2012年11月15日に女性建築家ザハ・ハディド氏の設計案を選定したことが、一転して今日の苦境を招く原因になりました。

 1941年─大阪市に生まれる。
 1997年─東京大学工学部教授に就任。
 2003年─東京大学を定年退官して、東京大学名誉教授となる。
 2005年─東京大学特別栄誉教授。
 2008年─大阪府政策アドバイザー(水都・都市景観分野)。
 2011年─東日本大震災復興構想会議議長代理。
 2012年─新国立競技場国際デザインコンペ審査委員長。
       国立競技場将来構想有識者会議委員。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー