トップ > 細野透 「危ない建築」と「安全な建築」の境目を分けるもの > 細野透:全国紙「マンション管理費で忘年会や夏祭りダメ」報道に潜む勘違い

細野透 「危ない建築」と「安全な建築」の境目を分けるもの建設

細野透:全国紙「マンション管理費で忘年会や夏祭りダメ」報道に潜む勘違い(1/8ページ)

2016.04.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション標準管理規約がもたらす混乱

 国土交通省・住宅局・市街地建築課・マンション政策室は2016年3月、「マンション標準管理規約」からコミュニティ条項を削除しました。それに伴ってすでに混乱が発生しています。

 この件に関して、まず全国紙の報道に潜む“勘違い”から始めましょう。新たな管理規約について報道する際、日経新聞は「マンション管理費で忘年会ダメ」というタイトルを付けました(2015年11月28日付)。また、読売新聞は「マンション管理費、夏祭りでは使えません」と付けました(2016年3月15日付)。

 本当にダメなのでしょうか。いいえ、ダメではありません。実際には、マンション管理費を忘年会や夏祭りに使うことができるのです。つまり日経と読売の記事は勘違いに基づいています。

 初めに種明かしをしておきましょう。両紙の記者が勘違いした原因は2つあります。まずマンション政策室(以下、M室と表記)が、必要な文書を人目には付きにくい“隠れ部屋”に隠したことです。次にM室が「法律的な表現」と「説教的な表現」を使い分けたことです。分かりやすい言葉を使うと「ダブルスタンダード」になります。

 M室は今回、隠れ部屋とダブルスタンダードを組み合わせて、自分の都合のいい方向に誘導しようとしていたのです。それにだまされないようにするために、表に「勘違い問題を解くキーワード」をまとめておきました。

[画像のクリックで拡大表示]

 まず隠れ部屋の話です。マンション標準管理規約という「本宅」を調べると、規約本体が「地上1階」、コメントが「地下1階」という、「2層構造」になっています。

 多くの人は「地上1階」にある規約本体にしか気が付きません。しかし実際には、見落としがちな「地下1階」に、見落としてはいけないコメントを隠しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー