このページの本文へ移動

  • BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

《中止》レベル4を目指す 完全自動運転 最先端ラボ(全5回)

カテゴリー

  • 自動車・カーエレクトロニクス
  • 安全・コスト・品質
  • 経営・業務革新

完全自動運転に必要な技術を、最先端で活躍する現役の研究者から直接学びます。完全自動運転ソフトウエア「Autoware」をベースに、完全自動運転の先端技術を体系的に、かつ具体的に身に付けることができます。

世界の自動車産業が自動運転の技術開発に向けて一斉に舵を切りました。自動車業界だけではありません。自動運転はこれまでの自動車開発の延長線上にはない革新的な技術であり、自動車産業に大きな変革をもたらすだけではなく、新たな市場を創造し、新たなサービスを生み出すと考えられています。

自動運転開発の行き着く先は「完全自動運転」です。現在、世界の優れた研究者や技術者が完全自動運転の実現に向けた技術開発に力を入れています。つまり、完全自動運転の技術は発展途上にあり、日々、技術が進化しているのです。

こうした状況の中、「自動運転について概要は知っているけれど、具体的にどのような技術が必要なのかよく分からない」「自動運転の要素技術について、詳しく、具体的に学びたい」という技術者も少なくないようです。

本講座は、完全自動運転に必要な技術を、最先端で活躍する現役の研究者から直接学べる講座です。認知、判断、操作に関する要素技術を兼ね備えたオープンソースソフトウエア(ロボット分野発祥のソフトウエア技術である「ROS(Robot Operating System)」基に構築した完全自動運転ソフトウエア)「Autoware」をベースにしながら、個別の要素技術について演習(ハンズオン)を中心に学びます。技術者に求められる完全自動運転の先端技術を体系的に、かつ具体的に身に付けることができます。

なお、第2回以降の講座には演習があり、C言語またはC++、Linux上でのプログラミング経験が必要です。また、オープンソースソフトを使った開発に興味を持つ方を対象としています。

【受講効果】・完全自動運転に必要な要素技術を身に付けることができます。
・完全自動運転ソフトウエア「Autoware」の使い方を習得できます。
・最先端で活躍する研究者から技術を学ぶことができます。
  • hatena

日経テクノロジーオンライン「技術者塾」

《中止》レベル4を目指す 完全自動運転 最先端ラボ(全5回)

会 場:
Learning Square新橋(東京・新橋)
東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル
開催日:
2017/8/24
開始時間:
10:00
終了時間:
17:00
参加費: 350,000円

申込締切: 2017/8/24

さらに詳しい情報やお問い合わせ、お申込みは以下の「申込ページ」をご覧ください。
セミナー全般についてのお問合せは、下記「お問合せフォーム」をご利用ください。

日経BP社読者サービスセンター

お問合せフォームはこちら

セミナー検索

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ページの上部へ