このページの本文へ移動

  • BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BPセミナーナビ トップ >
  • 「下町ロケット」弁護士のモデル 鮫島弁護士が伝授 技術のコモディティ化に打ち勝つ「知財戦略」のススメ

「下町ロケット」弁護士のモデル 鮫島弁護士が伝授 技術のコモディティ化に打ち勝つ「知財戦略」のススメ

カテゴリー

  • マーケティング・セールス
  • 経営戦略
  • 投資・金融・会社経営
  • ビジネスの法律
  • 自動車・カーエレクトロニクス
  • 安全・コスト・品質
  • 経営・業務革新

日本を代表する知財系弁護士の鮫島弁護士が「知財戦略」を伝授。特許を積極的に活かした事業戦略・研究開発戦略を立てることで、技術が陳腐化する環境下でも高い収益を維持できます。特許データを使って分析して事業戦略を立てるため、成功率が高まります。

技術のコモディティ化(陳腐化)が激しくなる中、アジアを中心とする新興国企業にシェアで大きく負けてしまう──。こうした日本企業がますます目立ってきました。多くの日本企業がたくさんの技術と特許を保有しているはずなのに…。

日本企業を襲うこうした危機に、小説「下町ロケット」で中小企業を救った弁護士のモデルであり、日本を代表する知財分野の敏腕弁護士である鮫島正洋弁護士(内田・鮫島法律事務所代表パートナー弁護士・弁理士)が立ち上がります。

その切り札は「知財戦略」。特許を積極的に活かした事業戦略や研究開発戦略を立てることにより、技術がコモディティ化する環境下でも、企業が高い収益を維持することを狙う理論です。特許データを使って分析するという客観的な方法を採用し、裏付けのある事業戦略の立て方で成功率を高めます。

技術の分野ではどうしても避けられないコモディティ化の現実を受け入れる。その上で、企業収益を維持するために、知財を活用してどのような戦略を採るべきか──。この方法を学べるセミナーは他にないと自負しています。

本講座ではまず、知財と事業競争力の関係およびそのメカニズムについて、知財戦略理論(セオリ)を解説し、知財面でどのような戦略を採るべきかを解説します。その上で、新規事業開発を検討するための特許情報の活用例を紹介。技術的に関連する異業種のプレーヤーを抽出し、応用展開が期待できる領域を特定する手法を解説します。これにより、理論から事業戦略の立案方法までを効率的に学ぶことができます。

知財部門の方はもちろんですが、経営者や事業部長クラス、研究開発部門のマネージャー、新規事業開発を担うマネージャー、利益を生む将来有望な研究開発や事業を見抜きたい技術者の方には、さらにお勧めの講座です。

【受講効果】・技術がコモディティ化する中、どのような知財戦略を指向すれば事業の競争力を維持できるかを理解できます。
・上記について、特許データを用いた分析という客観的視点で裏付けをする方法論を学べます。
・標準化の要諦、オープン&クローズという概念を理解できるようになります。
  • hatena

日経テクノロジーオンライン「技術者塾」

「下町ロケット」弁護士のモデル 鮫島弁護士が伝授 技術のコモディティ化に打ち勝つ「知財戦略」のススメ

会 場:
Learning Square新橋 6F (東京・新橋)
東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル
開催日:
2017/6/2
開始時間:
13:00
終了時間:
17:00
参加費: 49,800円

申込締切: 2017/6/2

さらに詳しい情報やお問い合わせ、お申込みは以下の「申込ページ」をご覧ください。
セミナー全般についてのお問合せは、下記「お問合せフォーム」をご利用ください。

日経BP社読者サービスセンター

お問合せフォームはこちら

セミナー検索

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ページの上部へ