このページの本文へ移動

  • BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界の有機ELディスプレー最新動向と日本企業の商機

カテゴリー

  • 自動車・カーエレクトロニクス
  • 設計・CAD
  • 安全・コスト・品質
  • 経営・業務革新

有機ELディスプレーの産業動向と技術動向を解説し、さらに、今後のフレキシブル化における課題や材料・プロセスの開発状況についてもパネルのアプリケーション別に解説する。まとめとして、サプライチェーンでの新規の参入の機会についても解説する。

 スマートフォン向けのディスプレーが液晶から有機ELに急速に置き換わりつつある。さらに、高級大型有機ELテレビを大手メーカーが相次ぎ発表し、製品ラインアップが急速に拡大している。このトレンドを理解する上では、中小型有機ELパネルと大型有機ELパネルそれぞれの構造、開発目標、製造プロセス、使用素材、韓国・中国などでの各メーカーの投資動向、技術課題の全体像を理解することが重要である。さらに、折れ曲げ型のスマートフォンや、インクジェット装置で製造する大型テレビ向けのパネルの課題と目標を理解することも重要である。

 有機EL産業分野で、多くの日本企業は製造装置、有機EL材料、素材、フィルム、テレビ分野で既に強い国際競争力を持っている。液晶産業が中国に移転しつつあり、長期的には利益が見込みにくい産業になりつつある現状では、急成長している有機EL産業分野で新規事業を起こすか、新規製品を開発するか、あるいは既存の事業の成長を図ることが、非常に重要である。

 今回のセミナーでは有機ELディスプレーの産業動向と技術動向を解説し、さらに、今後のフレキシブル化における課題や材料・プロセスの開発状況についてもパネルのアプリケーション別に解説する。まとめとして、サプライチェーンでの新規の参入の機会についても解説する。

【受講効果】 ・有機ELディスプレーの産業動向と技術動向を理解できます
 ・フレキシブル化を進める上での課題や、材料・プロセスの開発状況を理解できます
 ・サプライチェーンにおける新規参入の機会について検討できます
  • hatena

日経テクノロジーオンライン「技術者塾」

世界の有機ELディスプレー最新動向と日本企業の商機

会 場:
エッサム神田ホール1号館3階301(東京・神田)
東京都千代田区神田鍛冶町3−2−2
開催日:
2017/5/31
開始時間:
10:00
終了時間:
17:00
参加費: 49,800円

申込締切: 2017/5/31

さらに詳しい情報やお問い合わせ、お申込みは以下の「申込ページ」をご覧ください。
セミナー全般についてのお問合せは、下記「お問合せフォーム」をご利用ください。

日経BP社読者サービスセンター

お問合せフォームはこちら

セミナー検索

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ページの上部へ