トップ > 電子書籍セレクト > アップル、イケアから無印良品まで ブランド企業にデザインとビジネスの関係を学ぶ

電子書籍セレクトビジネス

アップル、イケアから無印良品まで ブランド企業にデザインとビジネスの関係を学ぶ

2016.12.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 優秀なデザイナーやクリエイターの斬新な発想法を、商品開発や経営など、ビジネスに生かす「デザイン思考」と呼ばれる手法が注目され、企業に広がりつつあります。デザイン思考について解説した書籍は多数発行されていますが、世界的なブランドを確立した企業の実例は、デザイン思考や、デザインとビジネスの関係を学ぶ上での最高の手本になります。

 そこで今回は、アップル、イケア、スターバックスといった世界的ブランド企業から、無印良品やバルミューダといった国内の有力ブランド企業まで、そのデザイン戦略について解説した書籍を集めました。カリスマ経営者の言葉や行動、企業のコンセプトをそのままビジネスに生かせるわけではありませんが、ブランドを作るための発想法や、消費者目線に立ったフィールドワークなど、多くの面で参考になることでしょう。

【最強のカリスマ経営者の視点から学ぶ】

●アップルのデザイン ジョブズは“究極”をどう生み出したのか

 デザインの力を活用して、時価総額世界一の企業に成長したアップル。この書籍では、プロダクトのみならず、インターフェース、パッケージ、店舗空間、広告・グラフィックデザイン、知的財産権戦略まで、アップルのデザインの真髄をまるごと解剖しました。スティーブ・ジョブズの視点を解き明かすとともに、アップルがデザインで作り上げた世界に迫ります。

購入<日経BPブックナビ>

【消費者の心をとらえるデザインの秘訣とは?】

●「買わずにいられない!」 イケアのデザイン

 イケアが掲げるのは、一人でも多くの人に豊かな生活を提供しようとする「デモクラティックデザイン」という考え方。それは「ホームビジット」と呼ばれる徹底した家庭調査にも現れています。この書籍では「デモクラティックデザイン」を支えるさまざまな取り組みを紹介するとともに、豊富な写真で、世界一の家具・雑貨メーカーの成長の秘密を解き明かします。イケアの製品が消費者の心をとらえる理由が理解できるでしょう。

購入<日経BPブックナビ>

【既存市場の常識を覆す、異端経営者のデザイン経営】

●バルミューダ 奇跡のデザイン経営 ゼロからブランドを築く8つの法則

 心地よい風を送り出す扇風機を発明し、今や高級家電市場をリードする存在にまでなったバルミューダ。同社の寺尾玄社長の異色の経営手法にスポットを当てた書籍です。会社設立前はロックミュージシャンとして活動していたという寺脇社長。ミュージシャンならではの独特の感性でモノ作りを進めてきた同社のデザイン経営から、ブランド作りのヒントが読み取れます。

購入<日経BPブックナビ>

【いちばん「普通であること」をブランド化】

●MUJI式 世界で愛されるマーケティング

 世界中の人から愛される無印良品(MUJI)の商品。その商品開発やコンセプト、マーケティングについて解説した書籍です。無印良品が目指すデザインは、使い勝手の良い「一番普通」の形。「特徴がない」ことを特徴とするため、世界の文化の壁を越えて受け入れられ、時代遅れにもならない。そんな「無印良品」の秘密を徹底解明しています。

購入<日経BPブックナビ>

【価値を損なわずに店舗拡大しながらブランドを強化】

●日経デザイン 2016年9月号「スターバックスのおもてなしデザイン」

 日本に出店してから20年になるスターバックスコーヒー ジャパンについての特集記事です。提供すべきは、店の雰囲気や内装、スタッフとの交流といった、スターバックスと顧客の総合的な体験、と定義づける同社のデザイン。2020年に1500店舗を目指すスターバックスの、新たな成長戦略に向けたブランディング強化方法を取材しています。

購入<日経ストア>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー