トップ > 電子書籍セレクト > まだまだ間に合う! 40~50代でもできる! 金持ち老後を笑顔で迎える方法~『100歳までお金に困らない! 目指せ金持ち老後』

電子書籍セレクトビジネス

まだまだ間に合う! 40~50代でもできる! 金持ち老後を笑顔で迎える方法~『100歳までお金に困らない! 目指せ金持ち老後』(3/6ページ)

2015.08.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「漠然とした不安」というのは大体において、正確な状況、とりわけ具体的な数字を把握していないことから発生するもの。納期に間に合うかどうか不安という状況は、残りの作業量が見えていない、あるいは把握できていても達成するのに必要な時間見積もりが曖昧な場合だ。最近じわじわ太ってきているような…とこぼしつつ、風呂場の体重計はほこりをかぶったままなんて人も結構いる。

 老後のマネープランニングもまずは正しい数字把握からスタートだ。

今、あなたの財産は全部でいくらですか? ───この質問に即答できる人は、「金持ち老後になる可能性が高いです」とファイナンシャル・プランナーの塚原哲さんは言う。家計簿ソフト開発のために2000人の家計を分析した経験から、お金がたまる人は次の3つの要素を押さえていることに気づいたという。
1 今日の資産合計額を即答できる
2 次の引き落とし日、引き落とし額を即答できる
3 今月の収支差額を即答できる

 「いや、即答とか無理でしょ!」と思わず突っ込みたくなった方、私も同じなので安心してほしい。これはちょっとハードル高そうだが、せめて月に1回、銀行や証券会社の口座をまとめて表にして資産合計額を確認する習慣をつけることから始めたいものと塚原氏は語る。

 そうして毎月いくら増えているか平均的な金額を把握できれば、それを120倍したものが10年後にたまる金額のざっくりした概算となる。

 私も昨年から毎月初この作業をするようになり、意識は変わった。携帯電話代の見直しや無駄な支出の洗い出し、積み立て定期預金の増額といった具体的なアクションにもつながり効果は大だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー