トップ > BPセレクト > 安倍超長期政権を総括する

BPセレクトビジネス

安倍超長期政権を総括する(1/5ページ)

2016.12.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦後第4位の長期政権に

(写真:PIXTA)

 2012年12月26日に発足した安倍政権は、まもなく5年目を迎える。5日には、第1次政権まで含めた安倍首相の在職日数が1807日となり、中曽根康弘元首相を抜いて戦後第4位の長期政権となった。

 長期政権を支えてきた要因の1つに、アベノミクスがある。アベノミクスのもとで日本の雇用状況は大幅に改善され、完全失業率や有効求人倍率はバブル崩壊以降、最高の水準となっている。

 ただ、その一方で、アベノミクスが掲げてきたデフレ脱却は果たされていない。そのことは安倍首相自身がよくわかっているようで、9月26日に召集された臨時国会の所信表明演説では、「デフレ」という言葉が1回しか使われなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー