トップ > BPセレクト > 安倍超長期政権を総括する

BPセレクトビジネス

安倍超長期政権を総括する(4/5ページ)

2016.12.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

規制改革がやはり大きな柱

 供給サイドの政策としては、規制改革がやはり大きな柱となる。経済ジャーナリストの磯山友幸氏は、日経ビジネスオンラインの記事「医療、農業、雇用…岩盤規制を切り崩せるか」で、新生「規制改革推進会議」について解説している。
  医療、農業、雇用…岩盤規制を切り崩せるか

 磯山氏によれば、安倍首相は「アベノミクスの一丁目一番地は規制改革だ」と繰り返し述べ、医療、農業、雇用分野を「岩盤規制」だと名指ししてきた。しかし、従来の規制改革会議は非力だったため、規制改革は十分に進んでこなかった。

 そんな中、9月12日に初会合を開いた新生「規制改革推進会議」は改革派が名を連ねた。人選を見る限り、かつてない「過激」な構成になっているのだという。

 アベノミクスとならぶ安倍政権のもう1つの柱は、積極的な外交だろう。これまで安全保障分野で各国との連携を深めてきたほか、今年5月にはオバマ大統領の広島訪問を実現した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー