トップ > BPセレクト > トランプ政権の陣容から2017年を占う

BPセレクトビジネス

トランプ政権の陣容から2017年を占う(5/5ページ)

2016.12.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の対米政策が大きな転機を迎える

 田原氏によれば、トランプ氏が言う「世界の警察官をやめる」ということは、日本をはじめとする国々はできるだけ自分の国は自分で守れということを意味する。そこで、安倍首相はトランプ大統領誕生を好機ととらえて、日本もフランスやイギリスのように、早く普通の国になるよう、憲法改正を進めようとしていると見る。

 しかし、田原氏自身は、「普通の国」路線に反対の立場を取る。日本は平和国家としての理想を、民主主義の矜持を世界に示すべきと述べている。

 トランプ新政権については、陣容が徐々に明らかになることで、以前よりは不透明さが解消されてきた感がある。それでも、日本の対米政策が大きな転機を迎えることは間違いないだろう。来年にトランプ新政権の具体的な政策が明らかにされるまで、引き続き落ち着かない日々が続きそうだ。

(構成=宮島理)

「BPセレクト」のバックナンバーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー