トップ > BPセレクト > 肩痛対策:四十肩・五十肩に加え「スマホ巻き肩」も! 中年世代「肩の痛み」の傾向と治し方

BPセレクトライフ

肩痛対策:四十肩・五十肩に加え「スマホ巻き肩」も! 中年世代「肩の痛み」の傾向と治し方(6/6ページ)

2015.10.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巻き肩を治さない限り症状は改善されない

 巻き肩に起因する肩甲上神経絞扼性障害は、末梢神経が圧迫されたり、引き伸ばされたりすることで生じる症状のため、根本原因である巻き肩を治さない限り症状は改善されない。放っておけば自然に改善されていく四十肩・五十肩と一見症状は似ているのでやっかいだ。強い痛みが長期間続いている場合は、専門医に診てもらうことをお勧めしたい。

 「iPadショルダー」もスマホ巻き肩と基本的には同じだ。iPadを膝の上に置いて長時間使用することで、姿勢が悪くなり、肩や首の痛みなどを引き起こす。
 ⇒ 甘くみるな、スマホ症候群は危険!(1)―タブレットユーザーは「iPadショルダー」に注意!
 ⇒ スマホ依存で体に不調、新型うつになる恐れも

 「iPadは片手で持つには重いので、ついつい肘を引いて肩上部の筋肉を使って持ってしまう。すると肩が前傾して上がり、肩上部の筋肉が緊張したまま、長時間同じ姿勢でいることになる。その結果、筋肉が癒着し、腕のしびれや肩こり、さらにひどくなる」(木津氏)。

 痛みや不調に敏感な女性に対して、男性は相当ひどくなるまで我慢する傾向にあるという。肩の痛みにより不便な日常生活を強いられる羽目に陥らないよう、中年男性は特に気を付けたい。

「BPセレクト」のバックナンバーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー