トップ > BPセレクト > 2015年ノーベル賞:2日連続の栄誉! 大村智氏がノーベル生理学・医学賞、梶田隆章氏が物理学賞を受賞

BPセレクトライフ

2015年ノーベル賞:2日連続の栄誉! 大村智氏がノーベル生理学・医学賞、梶田隆章氏が物理学賞を受賞(1/5ページ)

2015.10.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年も日本人研究者によるノーベル賞ラッシュだ! 2015年10月5日に発表されたノーベル生理学・医学賞では北里大学・特別栄誉教授の大村智氏が、続く6日に発表されたノーベル物理学賞では東京大学の梶田隆章氏がそれぞれ受賞した。

 これにより、日本のノーベル賞受賞者は合計「24人」となり(日本国籍所有時の研究成果で受賞した人も含む、自然科学分野では21人)、また、赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏の3氏が物理学賞を受賞した2014年に続き、2年連続のノーベル賞受賞となった。

数億人を感染症から救った大村智氏が生理学・医学賞を受賞

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は現地時間2015年10月5日、ノーベル生理学・医学賞の受賞者として、北里大学・特別栄誉教授の大村智氏(80歳)ら3人を選出したと発表した(カロリンスカ研究所による発表文PDFと北里大学によるプレスリリース)。

 大村氏と、アイルランド出身で米ドリュー大学名誉研究フェローのウィリアム・キャンベル氏(85歳)の二人が「寄生虫による感染病に対する新しい治療法の発見」、中国中医科学院・主任教授のトゥ ヨウヨウ氏(85歳)が「マラリアに対する新しい治療法の発見」という受賞理由でそれぞれ選ばれた(大村氏とCampbell氏は共同受賞)。
 ⇒ 2015年ノーベル生理学・医学賞に北里大・大村智氏

 日本人のノーベル生理学・医学賞の受賞者は、免疫グロブリン(抗体分子)の多様性をもたらす遺伝的機構を解明した利根川進氏(1987年受賞)、生物内の多様な細胞に分化できる能力を備えたiPS細胞を作製した山中伸弥氏(2012年受賞)に続いて大村氏で3人目である。
 ⇒ 山中伸弥京大教授にノーベル医学賞、再生医療などに期待されるiPS細胞で

 ちなみに、今回の受賞者の一人である中国のトゥ氏は、自然科学分野では中国初のノーベル賞受賞者である。
 ⇒ 青色LED研究を語る赤崎、天野、中村3氏のノーベル物理学賞受賞記念講演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー