トップ > BPセレクト > 異次元に達した北朝鮮の脅威にどう立ち向かうか

BPセレクトビジネス

異次元に達した北朝鮮の脅威にどう立ち向かうか(1/5ページ)

2016.09.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮の脅威は新たなステージに

(写真:PIXTA)

 安倍晋三首相はニューヨークの国連総会で現地時間9月21日午後、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対し「脅威はこれまでと異なる次元に達した」と述べ、国連安保理が制裁強化するよう日本が主導すると宣言した。日米韓外相会談も開かれ、対北朝鮮の制裁を強化することで一致した。対北朝鮮への対応は新たなステージを迎えた。

 9月9日午前、北朝鮮が5回目の核実験を実施し、周辺では核実験によると見られるマグニチュード5.0規模の地震も観測された。核爆弾の威力はTNT換算で10キロトン程度と推定。これまでで最大の規模と見られている。

 ジャーナリストの田原総一朗氏は、nikkeiBPnetのコラム「南シナ海、北朝鮮の核実験問題を巡る中国習近平政権『強気』の正体」において、今回の北朝鮮の行動を次のように分析している。
  南シナ海、北朝鮮の核実験問題を巡る中国習近平政権「強気」の正体

 田原氏によれば、北朝鮮が核実験を繰り返しているのは、中国、そしてアメリカを振り向かせるためのメッセージである。北朝鮮は中国からの援助と同時に、アメリカを交渉のテーブルに着かせたいと考えている。そこで核実験によってシグナルを送っているというのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー