トップ > BPセレクト > 動画配信サービス:動画配信の巨人ネットフリックスが日本上陸 アマゾン、TSUTAYAも対抗へ

BPセレクトビジネス

動画配信サービス:動画配信の巨人ネットフリックスが日本上陸 アマゾン、TSUTAYAも対抗へ(1/5ページ)

2015.08.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全世界50カ国で6500万人が加入する動画配信の巨人米ネットフリックスが、9月2日から日本でもサービスを開始する。アマゾンも9月から動画見放題の「プライム・ビデオ」サービスをスタートさせる。ビデオレンタル大手のTSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)も8月末より、DVDなどの宅配貸し出しと配信をセットで提供する新サービスを投入する。

 動画配信の巨人ネットフリックスの日本上陸で、動画配信サービスが一気に広がるのか注目が集まる。

日本でも加熱する動画配信ビジネス

 ネットフリックスの日本におけるサービス料金は標準のSD画質のベーシックプランが650円、HD画質のスタンダードプランが950円、4K画質に対応するプレミアムプランは1450円。ネットフリックスは8月24日、ソフトバンクとの提携を発表。店頭での申し込みはソフトバンクの独占契約となる。ただし、店頭で申し込みを受け付けるのはスタンダードプランに限り、それ以外のプランはWebでの申し込みとなる。
  ソフトバンクが動画配信「ネットフリックス」と提携、料金は月650円から

 アマゾンが始める「プライム・ビデオ」は、送料無料をうたう有料サービス「アマゾンプライム」に加入すれば、誰でも利用できる。既にアマゾンプライム登録している会員ならすぐにサービスを利用できる。アマゾンプライムの年会費は3900円なので、月額利用料に直すと325円となり、単純比較すれば、ネットフリックスのベーシックプランの半額だ。

 CCCは旧作が見放題、新作も月に2本視聴できて、月額933円、動画配信とネット宅配レンタルの組み合わせサービスが月額2417円(いずれも税別)となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー