トップ > BPセレクト > 第3次安倍再改造内閣が発足 問われる28兆円の経済対策効果

BPセレクトビジネス

第3次安倍再改造内閣が発足 問われる28兆円の経済対策効果(1/5ページ)

2016.08.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直近では補正予算の成立とTPP承認を目指す

 8月3日、第3次安倍再改造内閣が発足した。閣僚19人中、初入閣となったのは8人。また、女性閣僚としては、将来の首相候補とも噂される稲田朋美氏の防衛大臣就任も注目された。

(提供:首相官邸)

 安倍晋三首相は改造内閣について、「未来チャレンジ内閣」と形容した。一方で、野党は改造内閣を「暴走継続内閣」(小池晃・共産党書記局長)などと批判している。

 改造内閣が発足する前日の2日には、事業規模約28兆円の経済対策(「未来への投資を実現する経済対策」)も決定した。

 改造内閣では安倍首相の側近らが経済ポストに配置されており、引き続きアベノミクスを推進していくことになる。9月に召集される臨時国会では、補正予算の成立と環太平洋経済連携協定(TPP)の承認を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー