トップ > BPセレクト > 2015 FIAフォーミュラ・ワン世界選手権:復活の兆し見えた! マクラーレン・ホンダはF1ハンガリーGPでダブル入賞

BPセレクトライフ

2015 FIAフォーミュラ・ワン世界選手権:復活の兆し見えた! マクラーレン・ホンダはF1ハンガリーGPでダブル入賞(1/4ページ)

2015.07.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
F1ハンガリーGPで5位入賞を果たしたフェルナンド・アロンソ選手(提供:Honda Racing)
[画像のクリックで拡大表示]

 シーズン開幕当初から続いた長く暗いトンネルを抜け、伝説のマクラーレン・ホンダ復活に向けて、明るい兆しがわずかながら見えてきた――。まだほんの小さな兆しかもしれないが、少なくともホンダを応援するF1ファンは、シーズン後半をこれまで以上に期待しながら応援できる。そんな確かな結果をマクラーレン・ホンダがようやく残した。

 世界最高レベルのドライバーたちが、莫大なコストと最高の技術を投入した最速マシンを駆り、世界中のコースを転戦しながらチャンピオンシップを争う自動車レースの最高峰「2015 FIAフォーミュラ・ワン世界選手権」(以下、F1世界選手権)。

 2015シーズンは全19戦のレース開催が予定されているが、そのちょうど折り返し地点に当たる「第10戦 ハンガリーグランプリ(GP)」が現地時間7月24日から26日にかけて開催された。舞台はハンガリーの首都ブダペスト郊外にある「ハンガロリンク(Hungaroring)サーキット」だ。

 今シーズンからPU(パワーユニットと呼ぶ。ターボエンジンを含むハイブリッドシステム、後述)サプライヤーとして、7年ぶりにF1世界選手権に復帰したホンダは、英国の名門F1コンストラクターであるマクラーレン(McLaren)とタッグを組み、「マクラーレン・ホンダ」チームとして選手権を戦っている。ちなみにマクラーレンは「スーパーカー」メーカーでもある。
 ⇒ サーキットも走れるマクラーレン675LTが日本発売…お値段4353万4000円!

 ハンガリーGPにおいてマクラーレン・ホンダは、荒れた展開のレースを2台のマシンともリタイヤすることなく最後まで走り切り(完走)、F.アロンソ選手(スペイン)が5位、J.バトン選手が9位に入賞するという「ダブル入賞」を果たした。同チームにとって、今シーズンここまでで最高の成績である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー