連日の猛暑のなか、寝苦しい夜を過ごしている人も多いのではないか。どうしたら、熱帯夜にもなる暑い夏の夜に快適な睡眠を得られるのか。日経BP社のウェブサイトで取り上げた夏の快眠法をまとめてみる。

体温低下をうまく促すのがコツ

 そもそもなぜ、夏の夜は寝苦しいのか? 日本の夏の夜が高温多湿で体温調節がうまくいかないからだ。人は睡眠中は日中より体温が低くなる。眠るときは手足が温かくなり、その手足の熱を逃がすことで体と脳が休息状態になり眠りに入る。ところが、気温と湿度が高く、汗も蒸発しにくい状態だと、体温の低下がうまくできず、なかなか眠りに落ちない。眠るためには、体温低下をうまく促すといいのだ。
  夏の睡眠。スーッと眠りに落ちていけない理由とは?

 では、具体的に、どうすればいいのか? 快眠セラピストの三橋美穂氏は、ぐっすり眠るためのポイントを大きく二つ挙げる。

 一つ目は、エアコンと扇風機をうまく使って、寝室内の温度と湿度をコントロールすることだ。エアコンは寝る1時間ほど前から26度前後で部屋を冷やしておき、就寝時には汗ばむけれど目は覚めない程度の27~29度に設定し直す。そして扇風機を天井に向けて首振りにし、部屋の空気を揺り動かすといいという。

 もう一つのポイントは、涼しい寝具を使うこと。「寝具は替えずにエアコンだけで調整しようとすると、設定温度が低くなりすぎて、体調を崩しかねない」(三橋氏)からだ。寝具を選ぶ際のポイントは「背中が蒸れないこと」だ。そこで枕も抱き枕にすると背中が開放されていいと薦める。シーツの下に段ボールを1枚敷くだけでも、背中が蒸れにくくなり眠りやすくなるという。
  五感をすっきりさせて、ぐっすり快眠!