トップ > BPセレクト > ペット向けネットサービス:自宅のペットをスマホで確認、首輪経由で健康管理

BPセレクトテクノロジー

ペット向けネットサービス:自宅のペットをスマホで確認、首輪経由で健康管理(1/3ページ)

2015.07.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 犬や猫に代表されるペットは、愛玩動物、または伴侶動物などと表現される。昨今は、所有して愛でる対象としての愛玩動物としてよりも、ともに生活し密接な関係を持つ伴侶動物としてとらえられることが多い。

 ペットの飼い主をターゲットとしたさまざまな製品、サービスが海外、国内で提供されている。特にインターネットを活用したものはIoT(Internet of Things)ならぬIoA(Internet of Animals)といったキャッチフレーズで売り出している例もある。

 一般的な製品は「ネットワークカメラ」だろう。パソコンに接続することなく、スマートフォン(スマホ)やタブレットからネットワーク経由で自宅の映像を見ることができるビデオカメラである。家庭内のLAN環境に導入することで、外出先からインターネット経由でペットの様子を確認できる。

 家庭向けのネットワークカメラは、1万円前後で手に入る低価格タイプと、2万~3万円の高機能タイプがある。どちらも100万画素程度で、録画や動体検知などの機能を備える製品が多いという。
 ⇒ ネットワークカメラで自宅を見守る

 パソコン通販のドスパラが運営する上海問屋で販売中の「カメラ用ミニ台車 ムービングカメラドリー」は、ネットワーク型ではないが、ペット目線で撮影しやすいカメラ用ミニ台車だ。剛性の高いアルミ合金のプレートに、角度調整が可能な車輪を取り付けたシンプルな作りで、本体のネジ穴に雲台や関節アームを取り付け、デジタル一眼やビデオカメラを設置すれば、カメラを移動させながら撮影する“ドリー撮影”が気軽に楽しめる。
 ⇒ 動く子どもやペット目線で撮影できるカメラ用ミニ台車が人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー