トップ > BPセレクト > 悪化すると命の危険も!? 最新夏バテ&熱中症対策ガイド

BPセレクトライフ

悪化すると命の危険も!? 最新夏バテ&熱中症対策ガイド(4/4ページ)

2016.07.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏バテと熱中症と予防するサービス&商品

 脱水症や熱中症の原因となる水分不足を防ぐためにUlla Labs d.o.o.(ウーララボ)が開発した「Ulla(ウーラ)」は、光ることで水分補給のタイミングを教えてくれる新商品。ペットボトルや水筒の側面に装着すると、ボトルの傾き加減から持ち主が水分を摂取したかどうかと感知する。長時間水分補給をしないと光を放ち、飲料を飲むように促してくれる。

 建築や土木の現場で使う猛暑対策用品として販売されているのは、「風雅ボディ」と「風雅ヘッド」だ。風雅ボディは腰から背中に、風雅ヘッドは後頭部と首元に、それぞれ風を送り込む。汗を気化させて熱を放出してくれるので、熱中症予防に有効だ。どちらも通常の作業着や安全ヘルメットに装着できるので、特別な衣服を揃える必要はない。現場にひとつ用意して順番に使用することも可能だ。

水分足りてる?“飲む”を促すリマインダー

水分足りてる?“飲む”を促すリマインダー

「水分の不足は、脱水症・熱中症・肥満・倦怠・血流の悪さの原因になる」――。そう語るのは、2016年6月27日にソフトバンクが開催した消費者参加型プラットフォーム「+Style」の新製品発表会に登壇したBlue Green Group 日本市場開発担当の青柳正氏。同氏が紹介したのは、水分摂取を促すデバイス「Ulla(ウーラ)」だ。Ulla Labs d.o.o.(ウーラ ラボ)が開発したもので、Blue Green Groupが販売する。2016年7月中に+Styleのショッピング部門に掲載予定で、8月に販売を開始する。[全文を読む]


作業服に風を送って熱中症から身を守る

作業服に風を送って熱中症から身を守る

TJMデザインは、作業服やヘルメット内に外気を取り込む送風装置「風雅ボディ」と「風雅ヘッド」を開発した。建築・土木の技術者や作業者の猛暑対策用品として2016年4月1日から販売を開始する。[全文を読む]


(構成=アバンギャルド、編集=山田真弓)

「BPセレクト」のバックナンバーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー