トップ > BPセレクト > 参院選2016:夏の参院選は「雇用・景気対策」「憲法改正」が争点 「18歳選挙権」にも注目

BPセレクトビジネス

参院選2016:夏の参院選は「雇用・景気対策」「憲法改正」が争点 「18歳選挙権」にも注目(1/5ページ)

2016.07.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

18歳選挙権に対する生の声

 2016年7月10日に実施される参議院選挙では、初めて10代が選挙権を得るということも注目されている。日経ビジネスオンラインのシリーズ「#18歳 #19歳 #選挙権 #参院選2016」では、18歳、19歳が新たに選挙権を得たことについて、実際に新しい「有権者」に取材し、ナマの声を伝えている。

 まず、「デモは行かなかった。1票を投じ続けるしかない」という記事では、東京都在住の大学2年生である19歳の千葉恵介さんの声が紹介されている。
  デモは行かなかった。1票を投じ続けるしかない

「投票権を得たことで、大げさかもしれませんが、日本の国民として公式に認められたような気持ちにもなりました。一方で、自分の意志や考えを政治に反映できうるようになるということは、それだけ自分の言動に責任をもたなければいけない。

 投票権をこの年齢から持てることは、自分の人生を大きく変えるようなものではありませんが、日本を変えるのも変えないのも、この1票の積み重ねであるという意識は持ち続けていたいと思います」(千葉さん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー