トップ > BPセレクト > Windows10・7月29日:無償は7月29日まで! Windows10アップグレード徹底チェック

BPセレクトデジタル

Windows10・7月29日:無償は7月29日まで! Windows10アップグレード徹底チェック(1/4ページ)

2016.06.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows10アップデートは必須ではないが…

 Windows10への無償アップグレード期限は2016年7月29日までだ。最近は半ば「強制」とも感じるようなアップグレード通知も増え、「知らないうちにアップグレードされていた」「キャンセルしたつもりだったのにアップグレードが開始された」などユーザーから混乱の声も聞こえてくる。

 日本マイクロソフトが行ったアンケートによると、日本はWindows 10にアップグレードしたいというユーザーの割合は他の国や地域より高いのに、実際にアップグレードしているユーザーの割合は低いという。これは、日本のユーザーはアップグレードの意向はあっても、期限ギリギリまで待ち、なるべく多くの情報を集めてからアップグレードしたい傾向が強いからではないかというのがマイクロソフトの見方だ。

 アップグレードすべきかどうか迷っているユーザーはどうすればいいだろうか。まず、Windowsにはサポート期間(ライフサイクル)が設定されている。この延長サポートが終了すると、そのOSは不具合が発見されても修正されない危険な状態になる。

 逆に言えば、2020年1月までは問題なくWindows 7を利用できる。Windows 7で満足している人、アプリや周辺機器の互換性の不安がどうしても拭えない人は、いくら無償といっても無理にアップデートする必要はない。

 Windows 10への無料アップグレードは、更新用のファイルを自動的にダウンロードしてプログラムを実行するだけ。やや時間はかかるが、スムーズに行けば簡単に終了する。しかし、トラブルが生じた場合は、その限りではない。トラブルや不具合が生じることを想定し、最悪の場合でも元に戻せるようにするためには相応の準備が必要だ。最低限、リカバリー用のシステムイメージは作成しておこう。

残り3カ月、Windows 10に無償アップグレードすべき?

残り3カ月、Windows 10に無償アップグレードすべき?

Windows 10への無償アップグレード期間が残り3カ月になった。期間中にアップグレードするかしないか迷っているWindows 7/8.1ユーザーにとって、もうすぐ決断のタイミングがやってくる。[全文を読む]


Windows 10へ安全にアップグレードする

Windows 10へ安全にアップグレードする

Windows 10への無料アップグレードの終了日が迫ってきた。日経パソコンでは、「Windows 10 最終乗り換えガイド」として、安全確実にアップグレードするための特集記事を6月13日号に掲載した。ここではそのポイントを紹介していこう。[全文を読む]


Windows 10にアップグレードする前に知るべき6つの事柄

Windows 10にアップグレードする前に知るべき6つの事柄

Windows 10へのアップグレードを検討する際に知っておきたい事柄を6つ解説する。トラブルを避けるための注意点と、よりお得・快適に利用するためのポイントだ。[全文を読む]


[1]アップグレードするには「Windows 10を入手する」とISOイメージ、どっちがいいの?

[1]アップグレードするには「Windows 10を入手する」とISOイメージ、どっちがいいの?

Windows 7からWindows 10に無償アップグレードするには、通知領域に表示されている「Windows 10を入手する」アイコンやマイクロソフトのサイトから行う方法と、ISOイメージをダウンロードしてから行う方法がある。[全文を読む]


失敗続きのWindows 10移行奮闘記

失敗続きのWindows 10移行奮闘記

しばらく前になりますが、機は熟したと判断して、私も個人所有のノートPCのOSをWindows 7から10へアップグレードさせたのですが、思った以上に大変でした。奮闘記というほどでもないのですが、この話を書きます。[全文を読む]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー