トップ > BPセレクト > SIMロック解除義務化:SIMロック解除義務化がついにスタート! 押さえておくべき「五つの知識」

BPセレクトIT

SIMロック解除義務化:SIMロック解除義務化がついにスタート! 押さえておくべき「五つの知識」(1/6ページ)

2015.05.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年5月1日、「SIMロック解除の義務化」がついに始まった。SIMロックとは、携帯電話事業者(キャリア)が販売するスマートフォンや携帯電話などの端末において、SIMカードを差し替えても他事業者の回線サービスを利用できないように、端末自体に“縛り”をかける仕組みのこと。このSIMロックについて、ユーザーが希望すれば原則解除できるよう事業者に義務付けるという制度だ。

 SIMロックによる端末縛りがなくなると、ユーザーは以前から可能だった自分の電話番号の移行に加え、端末もそのまま使い続けながら他の携帯電話事業者の回線サービスに乗り換えやすくなる。これによりユーザー側の選択肢が増え、事業者間の競争が促されてサービスの品質が向上し、料金も安くなるだろう――。そんな青写真が描かれている。

 4月下旬には実際に、義務化スタートに合わせて、NTTドコモとKDDI(au)がそれぞれSIMロック解除のための具体的な手続き方法などを発表した(NTTドコモの案内ページKDDIの案内ページ)。

 大手3社のうち残るソフトバンクモバイルはどうか。SIMロック解除義務化をめぐる議論では、同社は当初、強硬に解除義務化に反対していたという。「SIMロック解除によってユーザーが自由に事業者を変更できるようになれば、事業者にとってはユーザーの利用期間が短くなる可能性がある。そうなると、継続利用を想定して端末料金を2年間の分割払いにするという同社の販売手法が取りづらくなる」という理屈だ。
 ⇒ 総務省、携帯SIMロック解除の意向

 このため同社の対応が注目されていたが、具体的な発表こそまだないものの、5月11日に開催した2015年3月期決算説明会の場で、「総務省のガイドラインに従って行う予定である」と孫正義社長が明言した(決算発表会の模様を収めた公式動画へのリンク、1時間8分8秒からの発言内容)。基本的には、総務省のガイドラインに沿って3社横並びでロック解除の義務化を受け入れたと考えてよさそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー