トップ > BPセレクト > 最新ダイエット情報:GWで太った体を元に戻す。プチ断食やスマホゲームでやせる、「酢タマネギ」もいいらしい

BPセレクトライフ

最新ダイエット情報:GWで太った体を元に戻す。プチ断食やスマホゲームでやせる、「酢タマネギ」もいいらしい(3/5ページ)

2015.05.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒は太る? 太らない?

 「ダイエットはしたいものの、お酒は控えたくない」――。左党にとってのダイエットの悩みだろう。やはり酒は太るのか? ダイエット専門医院「渋谷DSクリニック」(東京都渋谷区)の林博之院長は次のように話す。

 「そもそもお酒を純アルコールとして換算すると、1g当たり7.1キロカロリーになりますが、このうちのおよそ70%は代謝で消費されることがわかっています。これが『アルコールはエンプティカロリー』、すなわち『太らない』と言われる理由の一つです。さらに同一カロリーを脂質や糖質でとった場合と比較すると、アルコール自体には栄養素がないために、体重増加作用が少ないと考えられています。これらを踏まえると、純アルコールだけであれば、ほとんど太らないと言ってもいいのかもしれません。ですが、ビール、日本酒、ワインなどの醸造酒には糖質・たんぱく質などが含まれており、そうしたお酒をたくさん飲めば、摂取するカロリーも当然増えていきます。やはり、“適量”を守ることが大切です」

 林院長が言う“適量”とは、純アルコールで20~40gの範囲に収まることを指す。日本酒に換算すると1~2合だ。実際、クリニックでは「ダイエットはしたいが、お酒は止められない」という患者に向けて、林院長は「200キロカロリーまで酒は飲んでもよし」とし、ビールなら中ジョッキ1杯、ワインなら3杯弱は許容範囲としているという。

 林院長によると、酒の量よりも、酒を飲む際におつまみを食べ過ぎてしまうことの方が太る原因になっているという。むしろ、こちらを控えることに注意を払った方がいいようだ。
  「お酒で太る」はホント? ウソ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー