トップ > BPセレクト > インバウンドビジネス:訪日外国人数が記録更新 インバウンドに越境ECやO2Oなど新展開も

BPセレクトビジネス

インバウンドビジネス:訪日外国人数が記録更新 インバウンドに越境ECやO2Oなど新展開も(1/4ページ)

2016.05.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訪日外国人数が単月で過去最高を更新

 訪日外国人数が初めて単月で200万人を超えて過去最高を更新した。日本政府観光局(JNTO)の4月20日発表によれば、3月の訪日外国人数は前年同月比31.7%増の201万人となっている。これまで単月過去最高は2015年7月の192万人だった。
  3月の訪日外国人数は前年比31.7%増の201万人、単月で初めて200万人突破

 国・地域別では、19の国や地域が3月としての過去最高を記録。1位の中国は47.3%増の49万8100人で、3月として過去最高を記録した。2位の韓国は、39.5%増の37万4100人となり、こちらも3月として過去最高を記録。このようにインバウンドが拡大し続けているが、今後は、熊本・大分地震の影響を注視していく必要もある。

 拡大するインバウンド消費を取り込もうと、ITを駆使したサービスが続々と活用されている。たとえば、中国人などによる「爆買い」の象徴でもある観光バスとITを組み合わせて、小売店や観光地への集客を後押しする動きも出始めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー