トップ > BPセレクト > ガラケー生産終了:2017年以降に生産終了となるガラケー、以降は「ガラホ」に統一

BPセレクトIT

ガラケー生産終了:2017年以降に生産終了となるガラケー、以降は「ガラホ」に統一(1/3ページ)

2015.04.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本経済新聞は2015年4月24日、国内の携帯端末メーカーが独自のOSを搭載する従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」の生産を、2017年以降に中止すると報じた。スマートフォン(スマホ)の普及が進み、メーカー各社にとってガラケーの開発は重荷になっていた。以降はOSを米グーグルのAndoroidに統一した携帯端末(ガラホ)に統一するという。

 調査会社のIDC Japanが2014年12月10日に発表した「国内家庭市場におけるスマートフォン/タブレット/PCの利用実態に関する調査」によると、スマホの所有率は62.3%、2013年7月の調査と比べて12.5ポイント上昇している。
 ⇒ [データは語る]家庭市場のスマートフォン所有率は12.5ポイント増の62.3%

 確かに家庭、職場、朋友など多くの人がスマホを利用している。しかし、調査結果の数字を見返せば、約38%の人はまだスマホを所有していないことになる。「ガラケー終了」の報道を受け、ネット上では「困る」「続けてほしい」といったつぶやきも少なくない。

 調査会社のシード・プランニングは2014年12月、「現在のガラケーは2016年度で終了する。これに代わって、新たに(米グーグルの)アンドロイドなどをOSに採用した新型ガラケーが出てくる」と予測していた。
 ⇒ ガラケーが消える日

 格安スマホの登場でさらに勢いを増すスマホ市場。その一方、従来のガラケーユーザーは不便を強いられる。そこでau(KDDI)はガラケーに取って代わる「ガラホ」の発売を開始した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー