トップ > BPセレクト > 次世代自動車戦略:トヨタが4代目プリウスで「TNGA」戦略を始動! VWとの仁義なき戦いの幕開け

BPセレクトビジネス

次世代自動車戦略:トヨタが4代目プリウスで「TNGA」戦略を始動! VWとの仁義なき戦いの幕開け(1/4ページ)

2015.04.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車は3月26日、次世代プラットフォーム戦略「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」に基づく新型車の第1弾を年内に発売すると発表した。

 最初のモデルはハイブリッド車の4代目プリウスを予定している。トヨタは同日、Cセグメント向けのプラットフォームもお披露目した。プリウスを皮切りにTNGA比率を増やしていき、2020年には販売台数ベースで5割に高めていく計画だ。

ギアボックスやサスペションも共通化

 TNGAとは何か。

 TNGAはトヨタが2013年3月に発表した構想で、セグメント横断で部品を共通化するプラットフォーム戦略だ。車種ごとに最適化していた開発プロセスを見直し、標準仕様の部品の採用を増やしながら、複数の車種にまたがる共通部品をまとめて調達する。

 TNGAでは、シートやエアコン、アンダーボディー、サスペンション、ステアリングのシャフトとギアボックス、インスツルメントパネルのリーンフォースメントなどを「TNGA部品」として共通化し、これを異なるセグメントの車に採用していく。
  トヨタ、TNGA対応の新プラットフォームを2015年内に実用化

 今秋発売の新型プリウスは「THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)」の改良によって、JC08モードで40km/L超えという驚異的な低燃費の実現を目指すことが話題となっているが、それ以上にTNGAの全面採用に注目が集まることは間違いない。
  2015年、攻勢に出るトヨタとホンダ 新型プリウスと軽スポーツカーに注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー