トップ > BPセレクト > 飲食店やホテルなど注目商業施設:続々登場する話題の商業施設 再開発で注目のエリアや新感覚のレジャー施設ほか

BPセレクトライフ

飲食店やホテルなど注目商業施設:続々登場する話題の商業施設 再開発で注目のエリアや新感覚のレジャー施設ほか(1/4ページ)

2016.04.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋、浅草など再開発による商業施設が続々オープン

 今回は、2015年から2016年にかけて、新しくオープンした商業施設をまとめよう。飲食店やレジャー施設、宿泊施設までさまざまな店舗が誕生している。5月の大型連休まで1カ月を切ったこの時期に、これからのおでかけスポットとしてチェックしてみてはいかがだろうか。

 愛知県では、「3大プロジェクト」と呼ばれる名古屋駅前の再開発の1つ、「大名古屋ビルヂング」の商業施設が2016年3月9日にオープンした。2012年に建て替えのため一旦閉められた大名古屋ビルヂングは、地上34階、地下4階のビルに生まれ変わった。地下1階から5階までが商業施設で、約70の物販店やレストランが入る。名古屋駅前の商業施設は、2000年3年に開業したタカシマヤが「一人勝ち」の状態だったが、装いを新たにした大名古屋ビルヂングがこの構図をどう変えるかが焦点になりそうだ。

 東京・浅草でも再開発が進んでいる。浅草六区の往時の賑わいを復活させる「浅草六区再生プロジェクト」の一端を担う「東京楽天地浅草ビル」には、1階から4階に全国の地域の魅力が体験できる商業施設「まるごとにっぽん」がオープン。愛媛県の果物を使ったジェラートとナチュラルジュース専門店「スマイル&スウィーツ」に大分県の特産品を集めた「おおいた温泉座」など、全4フロアに50店舗が出店している。

 食材の再発見になりそうなのが「パクチー」や「機能性オイル」など2016年に注目が集まりそうな食べ物に関連した、新たな店舗だ。例えばパクチーは、以前はコアなエスニック料理ファンだけに愛されていた香草だったが、2015年は東京・有楽町にオープンした「オリエンタルマーケット 猛烈食堂」など、パクチー料理をウリにする店も次々にオープンしている。

三菱地所が先陣、高層ビルが変える名古屋

三菱地所が先陣、高層ビルが変える名古屋

「3大プロジェクト」と呼ばれる名古屋駅前の再開発の先陣を切って「大名古屋ビルヂング」の商業施設がオープンした。目玉は中型店舗「イセタンハウス」の出店。働く女性たちをどうひきつけるか。近隣にある高島屋の大型店との対決も注目だ。[全文を読む]


蛇口からみかんジュース!? マニアックなご当地グルメが集まる浅草の「まるごとにっぽん」

蛇口からみかんジュース!? マニアックなご当地グルメが集まる浅草の「まるごとにっぽん」

2015年12月17日、東京・浅草に全国各地の物産が集まった商業施設「まるごとにっぽん」がオープン。その中身をまるごとリポートします![全文を読む]


要チェック! 2016年グルメなトレンド予測Best6

要チェック! 2016年グルメなトレンド予測Best6

新しい年が始まった。2015年も“おにぎらず”や“ジャーサラダ”など数々の食のトレンドが生まれたが、今年はどんな食べ物に注目が集まり、ブームになるのだろうか? 新春企画として、2016年のトレンド予測を大発表! 2016年の食はじめ、何からチェックしようか迷っている人は、まずはここから試してみては?[全文を読む]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー