トップ > BPセレクト > アルファ碁の勝利とAIの進化:囲碁AI「アルファ碁」が世界トップ棋士に勝利の衝撃! 進化する人工知能

BPセレクトテクノロジー

アルファ碁の勝利とAIの進化:囲碁AI「アルファ碁」が世界トップ棋士に勝利の衝撃! 進化する人工知能(4/4ページ)

2016.03.31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AIの進化に欠かせないビッグデータ

 AIの進化に欠かせない存在が、ビッグデータだ。「Siri」「Google Now」「Cortana」「Alexa」といった仮想アシスタントは、利用者から得た情報を活かすことで精度が増していく。元米Androidの共同創業者でCEO(最高経営責任者)だったAndy Rubin氏は、Googleでロボット部門のトップを務め、2014年に退職。その後、Playground Globalを創業し、現在はそのCEOを務めている。同社はドライブレコーダーをユーザーに無料で配布し、その換わりにアップロードされた動画などのデータを手に入れ、入手した大量のデータを大規模なAIシステムに投入する構想を持っていると米WIREDで報じられている。

 2016年3月4日に開催されたITセミナー「データサイエンティスト・ジャパン2016」では、NECでビッグデータ戦略本部兼情報・ナレッジ研究所エキスパートを務める本橋洋介氏が講演。「ディープラーニングは万能ではない。分析手段の選択肢が増えるので、データサイエンティストの必要性がこれまで以上に増す」ビッグデータを取り扱うデータサイエンティストの重要性について述べている。

AIに欠かせない膨大なデータ、利用者に進んで提供してもらう方法は(上)

AIに欠かせない膨大なデータ、利用者に進んで提供してもらう方法は(上)

AIが魔法のような成果を生み出すためには、データが必要となる。それも、膨大な量のデータだ。そして、人々はそのデータを自ら進んで提供するようになると筆者は予想する。実際、我々は既にその方向に進みつつある。[全文を読む]


「ディープラーニングでデータサイエンティストが不要になるわけではない」、NECの本橋氏

「ディープラーニングでデータサイエンティストが不要になるわけではない」、NECの本橋氏

「ディープラーニングは万能ではない。分析手段の選択肢が増えるので、データサイエンティストの必要性がこれまで以上に増す」---。NECでビッグデータ戦略本部兼情報・ナレッジ研究所エキスパートを務める本橋洋介氏は2016年3月4日、ITセミナー「データサイエンティスト・ジャパン2016」で講演した。[全文を読む]


(構成=アバンギャルド、編集=山田真弓)

「BPセレクト」のバックナンバーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー