トップ > BPセレクト > アルファ碁の勝利とAIの進化:囲碁AI「アルファ碁」が世界トップ棋士に勝利の衝撃! 進化する人工知能

BPセレクトテクノロジー

アルファ碁の勝利とAIの進化:囲碁AI「アルファ碁」が世界トップ棋士に勝利の衝撃! 進化する人工知能(2/4ページ)

2016.03.31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2045年のシンギュラリティ問題とは

 人工知能の進化とセットで必ず話題になるキーワードが「シンギュラリティ」だ。シンギュラリティ(singularity)とは「技術的特異点」と訳される概念のことで、テクノロジーが高度に発達することで、非連続的かつ不可逆な影響が社会に及び始める状況を指す。つまり、人工知能が人間の知能を超えることで、人間社会にさまざまな影響が出るとされる問題で、現時点では、2045年には人工知能が人間を超えると予測されている。

 その時に何が起こるかは、世界中の論者によって議論が交わされている。悪い予測は、SF映画のように人工知能が人間を支配するというもの。楽観的な予測は、これまで解決困難だった社会的課題の解決が容易になるというものなど様々だ。今回の囲碁対決でも、シンギュラリティの到来を思い起こした人は多かったようだ。

20XX年問題があぶりだす、5つの社会的課題

20XX年問題があぶりだす、5つの社会的課題

2000年問題という言葉が広まって以来、20XX年問題と呼ばれる問題が毎年のように提起されるようになりました。今後、話題となる20XX年問題のうち代表的なものを紹介しましょう。後編の今回は2020年以降に起こる20XX年問題を紹介します。[全文を読む]


AIの「人間超え」、その時トップ囲碁棋士は

AIの「人間超え」、その時トップ囲碁棋士は

囲碁で、ついに人工知能が人間を上回った。その状況を目の当たりにした時、囲碁を職業とするトップ棋士は何を感じたのか。名人、本因坊、十段、天元などタイトルを14回獲得した経験を持つ高尾紳路九段が緊急寄稿した。[全文を読む]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー