トップ > BPセレクト > Windows10:無償期間まで半年を切ったWindows 10 アップグレードの注意点を緊急チェック

BPセレクトデジタル

Windows10:無償期間まで半年を切ったWindows 10 アップグレードの注意点を緊急チェック(1/4ページ)

2016.02.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 10へのアップグレード、6つの心得

 Windows 10がリリースされてから約半年。米Microsoftは、Windows7およびWindows 8からのアップグレードを2016年2月2日配布の「Windows Update」で「オプション更新プログラム」から「推奨される更新プログラム」に昇格させた。結果、自動でアップデートがかかり、混乱するユーザーも多かったようだ。

 無償アップグレードの提供期間は2016年7月28日まで。全世界で既に2億台以上のパソコンやタブレットでWindows 10が稼働しているという。様子を見ていた利用者の駆け込み導入も増えるだろう。手順が分からない人は、事前に確認しておこう。なお自動でアップデートしたくない場合は、更新プログラムのダウンロードとインストールを手動で実行するか、または、ダウンロードを Windows で自動実行し、それから手動によるインストールを促す通知を表示するように設定しておくとよい。

 ITproでは、Windows 10へのアップグレードについて、読者にアンケートを取った。「個人で最も利用している1台をWindows 10へアップグレードしますか?」との質問では、およそ7割が、無償期間の1年以内に導入すると回答。導入予定がないと回答しているのはおよそ15%で、前向きな人が多いようだ。

 日経パソコンでは、Windows 10へのアップグレードを検討する際に押さえておきたいポイントを6つ紹介している。リカバリーディスクの作成など、慌てると忘れがちな事柄もある。また、一度アップグレードすれば、元に戻してもずっと無料になるので、無償期間中に導入してみるのもいいだろう。

Windows 10にアップグレードする

Windows 10にアップグレードする

2015年7月29日、待望の「Windows 10」が発売された。Windows 10は、Windows 7もしくはWindows 8.1ユーザーであれば、1年間の無償アップグレードが約束される。Windows史上、このようなOSは存在したことがない。しかも、専用サイトからダウンロードするのではなく、通知領域に表示された「Windows 10を入手する」アイコンから、アップグレードの予約やインストールを行う。そのため、互換性の確認やアップグレード手順などに戸惑うユーザーも多いようだ。[全文を読む]


Windows 10は使いたいですか?アンケート結果発表

Windows 10は使いたいですか?アンケート結果発表

2015年7月23日に「今度出てくるWindows 10、使いたいですか?」と題した記事を「記者の眼」に掲載。そのなかで、無料でアップグレード可能なWindows 10を使いたいか、との題でアンケートを実施した。この記事はその結果報告である。[全文を読む]


Windows 10にアップグレードする前に知るべき6つの事柄

Windows 10にアップグレードする前に知るべき6つの事柄

Windows10へのアップグレードを検討する際に知っておきたい事柄を6つ解説する。トラブルを避けるための注意点と、よりお得・快適に利用するためのポイントだ。[全文を読む]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー