トップ > ちょっと気になる“モノ”まとめ > 格安スマホ:合言葉は“脱3大キャリア”、人気を集める3万円台のミドルレンジ

ちょっと気になる“モノ”まとめIT

格安スマホ:合言葉は“脱3大キャリア”、人気を集める3万円台のミドルレンジ

2015.07.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「格安スマホ」と呼ばれる低料金のスマートフォン(スマホ)が急増している。格安スマホとは、本体価格を抑えた端末と「格安SIM」と呼ばれる低額の通信サービスを組み合わせたもの。1万円台の激安スマホまで販売されているが、人気を集めているのはコストパフォーマンスの高い3万円台のミドルレンジモデルだ。

コスパ高スマホ「ZenFone 2」徹底検証 iPhone 6と性能やカメラ画質を比べてみた

コスパ高スマホ「ZenFone 2」徹底検証 iPhone 6と性能やカメラ画質を比べてみた

格安スマホとして使える、コストパフォーマンスの高いSIMフリースマホとして、エイスーステック・コンピューター製の「ZenFone 2」が現在人気を集めている。だが、ZenFone 2には、価格と性能の異なる4種類の製品があり、どれを選ぶべきかが悩みどころだ。今回の記事ではどのモデルがいちばんお得なのかと、カメラ画質や通信性能について徹底検証した。[全文を読む]


ZenFone 2の好敵手現る! ファーウェイの「P8lite」

ZenFone 2の好敵手現る! ファーウェイの「P8lite」

ミドルレンジの格安スマホは“3万円”がひとつの目安になりそうだ。3万円までなら比較的手を出しやすいし、また1万円台の激安スマホのようなチープ感、性能の低さもない――そんな、頃合いの価格帯に登場したのが、ファーウェイの「P8lite」だ。[全文を読む]


格安スマホを選ぶ3つのポイント&おすすめ機種【15年夏】

格安スマホを選ぶ3つのポイント&おすすめ機種【15年夏】

認知度の高まりとともに選択肢が増えた「格安スマホ」。今のスマホから乗り換えたいものの、どれを選べばいいのか迷っているユーザーもいるはず。そこで、格安スマホを選ぶ上での3つのポイントと、おすすめの格安スマホを解説する。[全文を読む]


「格安スマホ」と「格安SIM」ってどんなもの?

「格安スマホ」と「格安SIM」ってどんなもの?

「格安スマホ」と呼ばれる低料金のスマートフォンが急増している。格安スマホは、本体価格を抑えた端末と、「格安SIM」と呼ばれる低額の通信サービスを組み合わせたもの。通信サービスを受けるために必要なSIMをセットにしている。[全文を読む]


格安スマホ編:格安SIMを採用するスマホで通信料金を劇的に節約

格安スマホ編:格安SIMを採用するスマホで通信料金を劇的に節約

スマホの基本料とパケット定額料は削るのが難しく、端末代を含めて月に7000~9000円はどうしてもかかる。この部分をさらに削減するには、思い切った対策が必要だ。具体的には、従来のキャリアをやめて、もっと基本料やパケット定額料の安い、割安なスマホに乗り換える。いわば“脱3大キャリア”が必要となる。乗り換え先の候補となるのは、まず第1の候補がイー・モバイル。3大キャリアに次ぐ第4のキャリアだが、大手よりも手ごろな料金体系になっている。[全文を読む]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー