トップ > ちょっと気になる“モノ”まとめ > 多様化するスマートウオッチ:8000円未満のセガトイズから50万円超のブルガリまで

ちょっと気になる“モノ”まとめIT

多様化するスマートウオッチ:8000円未満のセガトイズから50万円超のブルガリまで

2015.06.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年4月24日、「Apple Watch」がついに発売された。同機についての評価は賛否両論あるものの、「スマートウオッチ」というデバイスが再び注目を集めるきかっけになった。
 国内では玩具メーカーのセガトイズが腕時計型電子玩具「ジュエルウォッチ」を発売、日本おもちゃ大賞2015のガールズ・トイ部門で大賞を受賞した。一方、海外のブランドメーカーも参入を進めている。世界最大の宝飾と時計の見本市Baselworld 2015では、ブライトリング、ブルガリほか各社がスマートウオッチを発表している。

おもちゃだってウエアラブル、8000円を切る“スマートウオッチ”

おもちゃだってウエアラブル、8000円を切る“スマートウオッチ”

2015年6月18日から開催される玩具業界の展示会「おもちゃショー 2015」の開催や「日本おもちゃ大賞 2015」の受賞商品の発表に合わせて、日本玩具協会が開催した説明会では、日本おもちゃ大賞の各部門で優秀賞や大賞を受賞した商品が展示された。各部門で5つの優秀賞が選ばれ、その中から大賞が1つ選ばれる。その結果からは、スマートウオッチのような腕時計型の電子玩具が、玩具業界の流行になりつつあることがうかがえた。[全文を読む]


スイスの腕時計メーカーからスマートウオッチが続々登場、Appleの参入が契機に

スイスの腕時計メーカーからスマートウオッチが続々登場、Appleの参入が契機に

スイスでは、「スマートウオッチ」はもはや禁句ではない。同国のバーゼルで現地時間2015年3月19日、宝飾と時計の国際見本市「Baselworld」が開幕した。前回は「好ましからざる機械」だったウエアラブルデバイスが、今回は脚光を浴びている。[全文を読む]


オヤジこそApple Watchを身に付けよう!

オヤジこそApple Watchを身に付けよう!

話題のApple Watchをスペックや性能面からだけではなく、別な視点から捉えてみよう。実際に自分で使ってみて感じたのは、「これぞ、オヤジ向きにベストな時計」ということだ。実際に手にしてみても、細部の仕上げが良いので所有欲をかなり満たしてくれる。[全文を読む]


格安スマートウォッチ「ZeClock」はどこまで使えるか

格安スマートウォッチ「ZeClock」はどこまで使えるか

今回紹介するのは、2万円を切る格安スマートウォッチの「ZeClock」だ。スマートウォッチは、今年熱いデバイスの筆頭格である。最大の特徴は「デザインがアナログ時計」ということだろう。[全文を読む]


SmartWatch 2、おもしろい!遠隔操作でスマホカメラ撮影も

SmartWatch 2、おもしろい!遠隔操作でスマホカメラ撮影も

スマートウオッチ、まずは、時計として使えばいいよね。と、本体と同時注文した、替えベルトを装着。小さなマイナスドライバー(メガネのねじを締めるようなの)があれば、ベルトは自分で取り替えられます。プレイストアで、《スマートコネクト》を検索したら、いろんなアプリがあったので、インストールしてみました。スマホカメラを遠隔操作するアプリもあって、なかなか楽しいわ![全文を読む]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー