トップ > 人気連載まとめ > 新国立競技場:新国立競技場の建設計画は白紙、デザインコンペやり直し

人気連載まとめ建設

新国立競技場:新国立競技場の建設計画は白紙、デザインコンペやり直し

2015.07.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 安倍首相は2015年7月17日、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の建設費を巡る問題について、「現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで計画を見直すと決断した」と記者団に対して表明した。下村博文文部科学相は同日、「コンペをやり直す。半年以内にデザインを決める」と述べた。
 7年7日に同競技場の事業主体となる日本スポーツ振興センター(JSC)が有識者会議を開き、総工費が2520億円に膨らむことを了承したことで、なぜそこまで金額が跳ね上がったのかと批判が高まっていたが、今回の表明はその世論に呼応する格好になった。

「ザハ案は白紙に」、芦原JIA会長が新国立で提言

「ザハ案は白紙に」、芦原JIA会長が新国立で提言

新国立競技場の総工費が2520億円に膨らんだ問題について、日本建築家協会(JIA)の芦原太郎会長は7月17日に提言を発表した。巨大なアーチで屋根を支えるザハ・ハディド氏の現行デザイン案を白紙に戻すことなどを訴えている。[全文を読む]


細野透:新国立ザハ案を巡る日本スポーツ振興センターのやりたい放題

建築家の安藤忠雄氏が新国立競技場設計コンペの審査委員長として、女性建築家ザハ・ハディドの設計案を最優秀としたのは2012年11月15日のことでした。それから10カ月後の2013年9月7日に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定し、多くの国民が喜びの声をあげました。しかし、その頃すでに、新国立競技場の建設計画には暗雲が立ち込めていました。事業主の日本スポーツ振興センター(JSC)が総工費を試算したところ、1300億円から一時は3000億円に跳ね上がっていたのです。[全文を読む]


安藤忠雄氏が会見、「もっと下げられないの?」
新国立競技場のデザイン選定の責任を語る

安藤忠雄氏が会見、「もっと下げられないの?」

建築家の安藤忠雄氏は7月16日、都内で会見を開き新国立競技場のデザインを決めた審査とこれまでの経緯について説明した。会見の一部始終を報告する。[全文を読む]


細野透:新国立無駄遣い─安藤忠雄氏が見逃したザハ案の金食い虫リスク

東京オリンピック・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の総工費は、二転三転どころではなく四転五転して、とりあえず2520億円に落ち着きました。今後も六転七転あるいは八転九転して、完成から数年で改築費を含めると5000億円を軽く突破するはずです。また25年も経てば補修費がどんどんかさんで、1兆円に到達するのではないかという声も聞こえてきます。[全文を読む]


田原総一朗:巨費を投じ、なぜ「世界に誇れる競技場」をつくるのか

新国立競技場の事業主体となるのは文部科学省が管轄する日本スポーツ振興センター(JSC)。JSCは7月7日に将来構想有識者会議を開き、総工費2520億円とした現行案の実施設計を了承した。総工費は、スタンドやフィールド、各種設備を含む「スタンド工区」に1570億円、屋根やアーチなどを含む「屋根工区」に950億円がかかるという。2020年の大会後に設置を先送りされた開閉式屋根や電動式から変更した1万5000の可動席の整備費は含まれていない。[全文を読む]


2020年東京五輪・パラリンピック:新国立競技場の建設費問題 JSCが承認した2520億円の巨費は誰が負担するのか

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の建設費問題が揺れている。日本スポーツ振興センター(JSC)は7日、有識者会議を開き、2520億円の建設費を承認した。だが財源のメドは立っていない。[全文を読む]


新国立競技場、コンペ審査の“激論”が明らかに

新国立競技場、コンペ審査の“激論”が明らかに

2012年秋に実施された新国立競技場の基本計画の国際デザイン・コンクールの詳細な選考過程がようやく明らかになった。事業主体である日本スポーツ振興センターが5月30日、報告書をウェブサイト上で公表した。[全文を読む]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー