トップ > キャスター鈴木ともみの 放送では語り尽くせない大事な話 > 中居正広さん、理想のリーダー像を生む人との縁

キャスター鈴木ともみの 放送では語り尽くせない大事な話ビジネス

中居正広さん、理想のリーダー像を生む人との縁(1/4ページ)

2016.11.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「僕、お金を人に死ぬほど使いますね。友達とか、お世話になってる人とかへのプレゼント。誕生日が分からないんで、クリスマスとお年玉も兼ねて、お歳暮も兼ねてなんですけど。友達とか、お世話になってる方へのお礼の気持ち」――。

 これは、お正月特番『中居のかけ算』(2012年1月フジテレビ)の中でSMAPのリーダー、中居正広さんが放った言葉です。

 この言葉を聞いた瞬間、私はある賢人の言葉・メッセージを思い出していました。その言葉とは「経営の神様」と呼ばれ、戦後の日本を代表するトップリーダーの一人であった故・松下幸之助氏による以下のようなメッセージです。

『松下幸之助 道をひらく』(PHP研究所)より

【縁あって】
おたがいに縁あって この世に生まれてきた。
そして、縁あって いろいろな人とつながりをもっている。
縁あって――何だか古めかしいことばのようだけれど、そこにはまた一つの深い味わいがひそんでいるように思える。
人と人とのつながりというものは、とかく人間の個人的な意志でできたと思いやすいもので、だからまたこのつながりは、自分ひとりの考えで、いつでも断てるかのように無造作に考えやすい。

 だがほんとうはそうではない。
 人と人とのつながりには、実は人間の個人的な意志や希望を超えて、一つの深い縁の力が働いている。男女の縁もまた同じ。

 そうとすれば、おたがいにこの世における人と人とのつながりを、もう少し大事にしてみたい。
 もうすこしありがたく考えたい。

 不平や不満で心を暗くする前に、縁のあったことを謙虚に喜び合い、その喜びの心で、誠意と熱意をもって、お互いのつながりをさらに強めてゆきたい。

 そこから、暗黒も光明に変えるぐらいの、力強い働きが生まれてくるであろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー