トップ > コラム > 小林至「スポーツ経済学ゼミ」

小林至「スポーツ経済学ゼミ」

東大から千葉ロッテマーリンズに入団、マーリンズ退団後は米国に渡りコロンビア大学で経営学修士号(MBA)を取得。現在は江戸川大学で教授を務める小林至氏が、スポーツを経済・経営の視点で斬る。

プロフィール
小林 至(こばやし・いたる)
1968年1月30日生まれ。神奈川県出身。92年、千葉ロッテマリーンズにドラフト8位で入団。史上3人目の東大卒プロ野球選手となる。93年退団。翌年から2000年まで、7年...
詳しく見る
小林 至(こばやし・いたる)

1968年1月30日生まれ。神奈川県出身。92年、千葉ロッテマリーンズにドラフト8位で入団。史上3人目の東大卒プロ野球選手となる。93年退団。翌年から2000年まで、7年間、アメリカに在住。96年に、コロンビア大学で経営学修士号(MBA)を取得。01年、参議院選挙に東京選挙区から立候補(落選)。02年より江戸川大学助教授(06年から教授)。05年から福岡ソフトバンクホークス取締役を兼任。連盟担当、営業担当、IT戦略担当などを歴任したのち、10年からは、フロント実務の責任者として、チームづくりに携わる。14年限りで退団。

専門はスポーツ経営学。スタジアム・アリーナ推進官民連携協議会(スポーツ庁が主管)の幹事、サイバー大学客員教授、福岡大学非常勤講師なども務める。近著『スポーツの経済学』(PHP)など著書、論文多数。家族は妻と2男1女。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー