安全性と生産性の両立を可能にする「Safety 2.0」