トップ > 早出し!「ニュースの論点」 > 米大統領選サプライズの黒幕? グーグルとフェイスブックが「偽ニュース」締め出し強化へ

早出し!「ニュースの論点」ビジネス

米大統領選サプライズの黒幕? グーグルとフェイスブックが「偽ニュース」締め出し強化へ(1/2ページ)

2016.11.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 嵐のような米大統領選は終わった。浮き彫りになったのは、調査会社の信ぴょう性、既存メディアの傲慢と混乱、そしてSNSにはびこる「偽ニュース」の存在だった。

 米グーグルはニュースサイトでニュースの真偽を確認する「ファクト・チェック」タグ(ラベル)を導入したが、大統領選では意図的に発信された偽ニュースを表示してしまうというミスを犯してしまった(参考:「Google News」、トランプ氏に有利な偽記事を誤って表示、CNET)。

 米フェイスブックも、偽ニュースの拡散に「貢献」したことを非難され、これにマーク・ザッカーバーグCEOが反論し、論争ともなった(関連記事:米大統領選のTrump氏勝利はFacebookのせい?偽情報拡散に非難集中、ITpro)。

 このような状況を踏まえ、グーグルやフェイスブックは偽ニュース対策にさらなる強硬手段をとる姿勢を見せ始めている。具体的には、偽ニュースを提供するサイトに対して、両社がそれぞれ広告ネットワークから締め出す方針を打ち立てたとウォール・ストリート・ジャーナルニューヨーク・タイムズロイターなどが報じた。

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー