トップ > NEXT NIPPONをプレゼンする「N IDEA」 > クラウドディレクションでワークスタイル変革を

NEXT NIPPONをプレゼンする「N IDEA」ビジネス

クラウドディレクションでワークスタイル変革を(1/2ページ)

2016.11.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼン×マッチングイベント「N IDEA(エヌ・アイデア)」。ワークスタイル変革・教育変革をテーマに「ヒューマンキャピタル/ラーニングテクノロジー2016」内で開催した「#3」では、“クラウドディレクション”事業を推進するザッピーリンク代表取締役の浅井裕喜氏が登壇した。

 浅井氏は、長らく企業の公式Webサイトのコンテンツ、企画立案、デザインやライティングのディレクションなど、Webサイトにおけるトータルディレクション業務に携わった後、現在はリモートワークでWebディレクションができる人材をマッチングさせる事業を展開している。

 クラウドソーシングとは、主にオンライン上で受発注を行うシステムで、そのマーケットは2018年には1820億円規模になると言われている。さらに、クラウドソーシング大手のクラウドワークスによれば、2030年代には10兆円市場になるとも言われている。

 「これからの社会はキャリア形成が多様化してくると考えられます。育児、介護などで働きに出ることができない人も増えてくるでしょう」と浅井氏。そうしたキャリア形成の多様化にともない、会社や自宅で働く以外に、シェアオフィスなどコワーキングスペースと呼ばれる場所が増えていると、浅井氏は続ける。

 さらに、働き方もグロースハッカー、パラレルキャリア、ビジネスノマドなど様々な形態が生まれているという。

 また「社会的な問題として、労働人口の減少も忘れてはいけません。なかには自由なワークスタイルを求めて非正規雇用を望む人材も増えています」と浅井氏は話す。

 こうした状況から、ビジネスの現場においてディレクションのできる人材が慢性的に不足しているのが現状だ。その問題を解決する方法のひとつが、クラウドソーシングによるクラウドディレクションというわけだ。

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー