トップ > NEXT NIPPONをプレゼンする「N IDEA」 > 会社や組織を越えて活動するインスタントチームの可能性

NEXT NIPPONをプレゼンする「N IDEA」ビジネス

会社や組織を越えて活動するインスタントチームの可能性(1/2ページ)

2016.10.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼン×マッチングイベント「N IDEA(エヌ・アイデア)」。ワークスタイル変革・教育変革をテーマに「ヒューマンキャピタル/ラーニングテクノロジー2016」内で開催した「#3」では、プロジェクト単位の人材マッチングサービスを展開する山本大策氏が登壇した。

 山本氏は2012年に気軽に誰かとお茶ができる「CoffeeMeeting(コーヒーミーティング)」をスタートし、2014年には気軽に自分の時間を売ることができる「TimeTicket(タイムチケット)」といった、スキマ時間を利用したマッチングサービスを展開してきた。これまでマッチングしてきた人数は10万人を超えるという。

 そして2016年春、個人発のプロジェクト単位で必要な人材を探すことができる新しいマッチングサービス「InstantTeam(インスタントチーム)」を開始した。これは会社、組織という壁を越え、週末などに気軽に集まることができる即席チームをマッチングするサービスである。

 利用方法は簡単で、チームでやりたいこと、自分の役割、募集するメンバーの役割、一緒に食べたいもの、参加してほしい時間を入力するだけ。これで、自分がやりたいプロジェクトのメンバーを募集することができる。

 逆に参加したい場合も、興味のある募集を見つけたら参加希望の申請を送るだけ。あとはチーム作成者が承認してくれれば参加決定だ。無料でも利用できるが、登録できるのは1チームまで、チームメンバー数は3名までとなる。月額980円(税抜)を支払えば。登録可能チーム数が無制限になる。実際に活動しているチームの約30%の人が有料プランだという。

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー