トップ > NEXT NIPPONをプレゼンする「N IDEA」 > 女性が輝く社会のため、経沢香保子さんが歩んできた道

NEXT NIPPONをプレゼンする「N IDEA」ビジネス

女性が輝く社会のため、経沢香保子さんが歩んできた道(1/3ページ)

2016.10.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年3月にスタートしたプレゼン×マッチングイベント「N IDEA(エヌ・アイデア)」。女性活躍推進をテーマに「WOMAN EXPO TOKYO 2016」内で開催した「#1」では、元トレンダーズ社長で、現在ベビーシッターマッチングサービスを展開するキッズライン社長・経沢香保子氏が登壇した。聞き手にみずほ証券人事部 ダイバーシティ・インクルージョン推進室長の澤田真理子氏を迎え、経沢氏が起業を志したきっかけ、最初の事業内容から現在の事業内容への変遷などを、じっくりと語ってもらった。

 経沢氏が就職活動を行っていた時期は、バブルが崩壊し、「就職氷河期」という言葉が社会に定着した頃。経沢氏が入社したのは、リクルートだった。

 「リクルートは、自分で営業をして自分で売り上げをつくる会社だったので、とにかく鍛えられました。江副さん(リクルート創業者の江副浩正氏)が言う、『自ら機会をつくって自ら変えよ』という言葉通り、商売をやっていくうえでの大事なことを学べたのがリクルートでした」(経沢氏)

 リクルートで自ら動くことをたたき込まれた経沢氏は、その後、楽天に転職する。

 「当時、携帯電話でさまざまな情報が得られるiモードが登場した頃なんですが、かなり衝撃を受けました。これからはインターネットの時代なんだと」

 現在、リクナビなどネットにおけるサービスを展開するリクルートだが、当時は収益の実に8割が紙媒体だったという。そうした状況のなか、iモードと出会いインターネットの可能性を強く感じた経沢氏は、たまたま知った楽天に興味を持ち転職を決意したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー