トップ > NEXT NIPPONをプレゼンする「N IDEA」 > 女性に向いているという新たな職種「グロースハッカー」とは

NEXT NIPPONをプレゼンする「N IDEA」ビジネス

女性に向いているという新たな職種「グロースハッカー」とは(1/2ページ)

2016.09.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年3月にスタートしたプレゼン×マッチングイベント「N IDEA(エヌ・アイデア)」。女性活躍推進をテーマに「WOMAN EXPO TOKYO 2016」内で開催した「#1」では、Kaizen Platformにて女性活躍推進プロジェクトを進める藏保萌子氏が登壇した。藏保氏が推し進めるのが、女性に向けた新しい職業「グロースハッカー」。グロースハッカーとはどんな仕事なのか、そして女性に適している理由とは? 藏保氏が具体例とともに解説した。

 Kaizen Platformは2012年に立ち上がったばかりのスタートアップ企業だが、藏保氏は、そうしたスタートアップ企業におけるプロジェクトを数々手掛けてきた。そして現在は、Kaizen Platformにおいて女性活躍推進プロジェクトのリーダーとして、グロースハッカーの普及・推進に取り組んでいるという。

 あまり聞きなれない言葉であるグロースハッカーについて、藏保氏は次のように説明した。

 「企業のWebサイトはデザインによって売り上げが相当変わってきます。ビッグデータから得られる統計をもとに、よりお客様を呼び込めるデザインを提案していくというのが、Kaizen Platformの仕事です。その中で、特にお客様を呼び込むWebデザインを担当する専門性の高い仕事をする方々をグローズハッカーと呼んでいます」

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー