トップ > 濱田真里のGLOBAL GATE > 【最終回】世界で働く日本人に教えてもらった、自信を持って人生を歩むために必要なこと

濱田真里のGLOBAL GATEライフ

【最終回】世界で働く日本人に教えてもらった、自信を持って人生を歩むために必要なこと(1/3ページ)

2016.12.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で骨を埋めようと思っていた高校時代からの、今

 自分の人生が音を立てて前に進んでいるような感覚を覚える時って、ありませんか。私は今、それをひしひしと感じています。

 7年ぶりにフランスに来ました。そして、スイスに向かう電車に乗って移動中です。住んでいるタイとは真逆で、外に出ると身体が凍りつきます。日本とどっちが寒いだろう。

 以前フランスに来たのは2009年の世界一周の最中でした。その前に来たのは、2004年の高校時代の海外研修旅行。タイに行くはずが、鳥インフルエンザの流行で行き先が変更になったのです。

 海外研修旅行にはろくな思い出がありません。覚えているのはシャンゼリゼ通りで高級店を見ながら、「何も買えないし、特に欲しいものもないよ!」と思いながら黄色い落ち葉をサクサク踏んで歩いたこと、ルーブル美術館でミイラの写真を撮ったら、帰国後母親にものすごくしかられたこと。あとは、ヴェルサイユ宮殿でかわいい折りたたみ式のレターセットを買ったことくらいでしょうか。

 現地の人との関わりが一切なかったこともあり、「海外ってつまらない。私はずっと日本にいよう」と思って帰国しました。海外に目を向けるための海外研修旅行が、それを閉ざすことに。その影響で、その後4年間はまったく海外に興味がありませんでした。

 それが今や、海外で暮らす日々。人生って何が起きるか本当にわかりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー