トップ > ご当地キャラ「ゆるくない話」 > 有名アーティストをも唸らせる! 大田原市「与一くん」のダンスは本物だった

ご当地キャラ「ゆるくない話」ビジネス

有名アーティストをも唸らせる! 大田原市「与一くん」のダンスは本物だった(3/7ページ)

2016.08.31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目標を4段階で設定

――誕生以降、与一くんは積極的に各地のイベントに参加しているのですか?

小堀:1998年にイラストが誕生して、2000年に大田原市観光協会の予算で3D化しました。3D化してしばらくは年に2回程度、市内のイベントに賑やかしに登場するくらいでしたが、2011年にご当地キャラクター協会さんから「ゆるキャラグランプリ」を紹介されまして、「せっかく参加するならば上位を目指そう!」ということで、長期スパンでの目標を立てて活動をしていこうと方針を大きく変更しました。

(初代与一くん)

――具体的に、どんな目標を立てたのですか?

小堀:次のような「4段階の目標」を立てました。

STEP1:「ゆるキャラグランプリ」での上位入賞を目指し、その活動の中で大田原市の知名度を高めていく
STEP2:全国各地で開催されるキャラクターイベントに積極的に参加し、他のキャラクターとのつながりを作る
STEP3:与一くんが知名度を得たら、STEP2で作ったキャラクターのつながりを生かして大田原に還元できるイベントを開催する
STEP4:誘われた全国各地のイベントを「大田原市PRの場」として積極的に活用する

なし男:与一くんは全国津々浦々、色々な場所に出没してるだすよな!

小堀:そうだね。市内・県内外、イベントの大小などは問わず、誘われたら参加する方向で検討しているよ。ただ出るだけではなく、与一くんの「パフォーマンス力の向上」にも力を入れているんだ。与一くんだから「的当て」はもちろんだけど、「ダンス」「バルーンアート」「マラソン」…その他なんでも挑戦しているんだ。ちなみに、なし男が特技だという「縄跳び」も与一くんは得意だよ(笑)

なし男:なぬ! 今度対決だす!!

小堀:そして、もう一つ目指している「大きな目標」があります。

――大きな目標? いったい何ですか?

小堀:それは…、与一くんをアテンドする私やスタッフ一同のアテンド&PR力アップです。『目指すはたけちゃん!!(注:世界最大のご当地キャラクターイベント『世界キャラクターさみっとin羽生』の開催などで活躍する羽生市観光協会の白川剛司さん、前回記事参照)』をスローガンとして掲げています。

なし男・監視人:(絶句)…。いきなり大きく出た!

小堀:ただ、目指すところはたけちゃんなんですが、いきなりそこを目指すにはあまりにもハードルが高過ぎるので…。笑い話になりますが、とりあえずそれとは別に「超えろモリトキ!!」というスローガンも掲げました(注:モリトキさんは、高知県須崎市のマスコットキャラ『しんじょう君』の大人気名物アテンド)。これを達成できてから、たけちゃんを目指そうと(笑)

なし男・監視人:急に現実的な話に戻った!(笑)

なし男:目指すって…、モリトキはんはたけちゃんと正反対の路線じゃないだすか(笑)

小堀:アテンドは、キャラさんの知名度を上げるために重要な役割を担っています。どんな手段でもいいから、与一くんをたくさんの人に知ってもらうため、アテンドもさらなる努力が必要かなと。

なし男:それにしても、かなりの“飛び道具”を選択しただすな(笑)

――ご当地キャライベントに参加したことがない人にとっては、口で説明しても分かりにくいと思うので、ぜひ一度会場に足を運んで、小堀さん達が目標にする『しんじょう君』とモリトキさんのタッグを見てもらいたいところですね

なし男:ちなみに『しんじょう君』は、今年のゆるキャラグランプリを獲るかもしれない大人気キャラさんだす♪ 名前を覚えておいて損はないだすよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー