トップ > 日経BP総研の「新時代を拓く創見」 > ビジネスパーソンが期待する新技術ランキング(前編)

日経BP総研の「新時代を拓く創見」ビジネス

ビジネスパーソンが期待する新技術ランキング(前編)(1/4ページ)

1位は「再生医療」、IoTとAI上回る得点を獲得

2017.03.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日経BP総合研究所(日経BP総研)は、新技術によるイノベーションへの期待が高まるなか、ビジネスパーソンの新技術に対する期待度を、アンケート調査に基づいて評価し、独自の基準でランキングした。

 評価したのは、「ドローン」「3Dプリンター」「IoT(インターネット・オブ・シングス)」「AI(人工知能)」「インフラモニタリング」「再生医療」「ブロックチェーン」など、電子・機械・製造・エネルギー、ICT(情報通信技術)、建築・土木・住宅、医療・健康・バイオ、金融・サービスの各分野に関する新技術63件。書籍『日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術』(日経BP社 発行)に掲載した新技術から類似性の高いものを省いて、「2017年における期待度」、5年後である「2022年における期待度」、および調査時点における「認知・関心度」を尋ねた。

表1●2017年に期待する新技術ランキング
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年に期待する新技術の1位は、81.5点(100点満点)を獲得した「再生医療」である(表1)。自分などの細胞や組織を用いて、けがや病気、老化などで損なった部分を再生する医療・健康・バイオ分野の新技術で、日本が超高齢化社会を迎えたことで、ビジネスパーソンが自らの健康に対する関心を高めているためと推測される。「再生医療」に対する期待は持続的に高く、後述するように、5年後の2022年に期待する新技術のランキングにおいても1位だった。

 2017年に期待する新技術の2位は、80.3点を獲得した「IoT(インターネット・オブ・シングス)」である。これは、センサーや家電、産業機器などのモノをインターネットにつなぎ活用するICT分野の新技術。ICT分野でありながら、ビジネスのデジタル変革のようなイノベーションを推進する原動力として考えられていることが高得点を得た理由だろう。

 2017年に期待する新技術の3位は、「AI(人工知能)」で得点は78.1だった。AIは、コンピュータで人間の知能と同等あるいはそれ以上の機能を実現する新技術である。AIはICT分野で過去もブームになった技術だが、最近はコンピュータの飛躍的な性能向上や「機械学習」という技術によって改めて注目を集めている。「機械学習」は、過去の結果などのデータをもとにコンピュータが自ら分析や予測・診断を行う技術で、2017年に期待する新技術の4位になっている。

 一方、2017年の期待度が予想したほど高くなかったのが「チャットボット」(55.6点)である。これは、人間のようにネット上でチャット(短文の通信)を行うコンピュータプログラムで最近は、米グーグルのような大手IT企業が活用に取り組んでいる。会話のようにメッセージをやり取りすることで、AIのような技術がより簡単に利用できるようになるため、AIと同水準の期待度を予想したが、得点が伸びなかった。ただし、今回は基本的に期待度が高い新技術を調査対象に選んでいるので、そのなかでの順位である点に注意してほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー