トップ > 都議 塩村あやかが見た「政治のリアル」 > 「闇処分」を生みだした「ペット殺処分ゼロ」の罠

都議 塩村あやかが見た「政治のリアル」ビジネス

「闇処分」を生みだした「ペット殺処分ゼロ」の罠(1/5ページ)

2016.12.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

政治家を目指すきっかけとなった動物愛護問題

 今回は、私が精力的に取り組んでいる活動のなかでも、政治家になった理由のひとつでもある「動物愛護問題」についてお話したいと思います。

黒猫の「たまこ」とキジ白の「ちみ太」
[画像のクリックで拡大表示]

 そもそも、動物愛護に興味を持ち始めるようになったのは、現在一緒に暮らしている黒猫の「たまこ」とキジ白の「ちみ太」という2匹の猫たちがきっかけでした。2007年に住んでいるマンションがペット可になり、商店街を歩いていたところ、「里親募集」という黒猫の写真を発見。うちで引き取ろうと考え、愛護団体に連絡をしたのが最初の出会いです。

 その後、「預かりボランティア」という動物愛護活動を始めることになり、5~6年ほど「処分寸前の子猫を預かり、里親を探す活動」をやっていましたが、動物殺処分問題は解決されず、「それなら自分でやった方が早いのではないか」と気づき、政治の勉強を開始しました。東日本大震災や非正規雇用で生活が安定しないことなど、日々さまざまなことに問題を感じており、そこに動物愛護問題も重なることで、その気持ちは揺ぎ無いものへとなったのです。

[画像のクリックで拡大表示]

 今、たまことちみ太は11歳ですが、せめてこの子たちが生きてる間に動物愛護法の法改正をと願い、日々活動をしています。それは、「8週齢規制」の改正と「飼養施設基準」の2つです。

 まず、8週齢規制というのは、生まれて8週間は親元や生まれた環境から離してはいけないというもの。なぜこの規制が必要かというと、幼少期に親兄弟と過ごすことで動物にとって社会化ができます。早くに親から引き離すと免疫の面でも未熟になってしまう可能性が指摘されています。2013年に改正された動物愛護管理法で「8週齢規制」が設けられましたが、「附則」が付いていて、骨抜きになってしまっているのです。

 そして、飼養施設基準とは、日本のペットショップのような狭いところに詰め込んで飼育してはいけないという趣旨で数値規制が各国では敷かれています。例えば、ドイツではどんな小さな犬でも2メートル四方より狭いところに入れると違法です。日本のようにペットショップで狭いガラスケースに入れられて売られていることも、子犬繁殖工場といわれている狭小ゲージの中で劣悪な環境下で子犬を生産している「パピーミル」も存在しないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー