トップ > 都議 塩村あやかが見た「政治のリアル」 > 「セクハラやじ」でも痛感! 女性活躍と子育て支援の課題

都議 塩村あやかが見た「政治のリアル」ビジネス

「セクハラやじ」でも痛感! 女性活躍と子育て支援の課題(6/6ページ)

2016.12.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイノリティの問題として終わらせない

 そして最後に取り上げるのは、女性の活躍を妨げる大きな要因。それは、セクハラだけでなく、パワハラやマタハラといったさまざまハラスメントの存在です。私が働きかけたことがきっかけとなり、最近ようやく都庁にも職員の相談窓口ができましたが、都民のみなさんにも相談できる場所はたくさんあります。

 たとえば、「東京ウィメンズプラザ」では性犯罪については24時間相談できるようにもなっています。女性活躍に関してやDVの対策などについての講座や研修も東京都ではいろいろと開催しており、必要な方はぜひ問い合わせてください。

TBSのサンデー・ジャポンにも出演
テレビでも様々な問題を訴えている。
[画像のクリックで拡大表示]

 セクハラという言葉ができて20年ですが、それまでは「セクハラはダメだよね」という飲み屋の話のレベルで認識が甘かった。しかし、私が経験したセクハラやじ以降は、「セクハラは社会的責任を問われるハラスメントである」という認識に変わり、議会のなかだけでなく、日本中がセクハラに対してかなり高い意識を持つようになったとは感じています。「セクハラはダメだ」とか「女性をバカにしてはいけない」とか「ハラスメントはセクハラだけじゃない」という認識が共有され、日本のハラスメント対策は進んだと信じています。

 そして、パワハラに関しては、先日起きた電通の女性社員の過労自殺問題がまさにその典型。これは、彼女がかわいそうで終わらせてはいけないことであり、どこに原因があったのか、そして責任を取らなければいけない問題です。部下を指導する場合、部下に改善点があれば正しく指導をすることは大事です。しかし、指導や叱るということと、ハラスメントの差がわからなくなっている人がいるのも事実。叱らない人とやり過ぎてハラスメントになる人と極端になってきているのです。愛を持って指導をすることと、追い詰めるというのは違うことなのです。

 こうした女性が抱えがちな問題について、今後も変わらず発信を続けていきます。
 セクハラにしても、非正規雇用にしても、私が経験をしてきた問題は決して特殊なことではありません。今、非正規雇用はおよそ4割ですから、マイノリティではなくなりはじめ、多数派になろうとしています。私は特別なマイノリティではなく、現代のわかりやすいロスジェネの代表的な存在として、これからも当事者だからこそ言えることをどんどん発信していくのです。

(インタビュー・構成=志村昌美)

塩村 あやか(しおむら・あやか)
東京都議会議員(世田谷区選出)
塩村 あやか(しおむら・あやか)

1978年広島県出身。ロスジェネ世代のため、非正規雇用で社会に出る。タレント、ライターを経て、放送作家に転身。24時間テレビやシューイチ(日本テレビ)など、数多くのテレビやラジオ番組を担当。ラジオ番組を通じ、社会の問題はすべて政治にいきついていると気づき、2013年東京都議会議員選挙に立候補。当選を果たす。初の一般質問にてセクハラやじ騒動が発生し、都議会の実態を世界に発信するきっかけとなった。動物愛護、女性や子供を応援する施策に力をいれていることでも知られている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー