トップ > 都議 塩村あやかが見た「政治のリアル」 > 【新連載】第1回 豊洲新市場問題を考える

都議 塩村あやかが見た「政治のリアル」ビジネス

【新連載】第1回 豊洲新市場問題を考える(1/6ページ)

2016.10.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載を始めるにあたって

塩村あやか都議

 今回より、連載を始めることになりました東京都議会議員の塩村あやかです。まず、この連載を通して伝えたいのは、もっとみなさんにも政治に参加をしてほしいということです。私も政治家になって4年目に入り、今でこそ政治的カラクリなどがわかるようになりましたが、政治はとにかく複雑で、政治家が表で言っていることが正しいとは限りません。ですから、そうしたところに注視していれば、言ってることとやってることがちぐはぐな人もたくさんいるのはもちろん、レトリックを駆使して都民・国民をまやかしていくような事が起こる理由が一つずつ見えてくるはずです。

 今でこそ東京都政に注目が集まっていますが、国政の影に隠れて注目されてこなかった長い年月があり、その間に多くの慣習ができてしまいました。ホームページで公開されている都政の報告や都政だよりに載っているのはあくまでも出来上がっているものを見ているにすぎません。それよりも、決定に至るまでの過程の方が重要なんだということを多くの人に理解してもらいたいのです。そこが表に出てこない、議会(議場)ですら語られないブラックボックスなのです。そこで様々なことが決定されており、議案として上程された時には既に決定されているといっても過言ではありません。

 議案や知事会見になる前に議会の主要会派に根回しができていないと、「議会軽視だ」と大会派の議員は小池知事に言いますが、これまでほとんどのことに少数会派への根回しはありませんから、強者への権力集中になっているのが実状だと議会側の自分たちで白状をしているようなものです。

 さて、私の場合、女性で元タレントの放送作家ということで偏見を持たれてしまいがちですが、だからこそメディアやSNSで実状が出せるという強みがあります。もちろん私が言っていることがすべてではありませんが、しがらみがない人間が言っていることが意外と正しかったり、素直な意見だったりもします。そこから何かを感じ取っていただいたり、参考にしていただけたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー