トップ > コラム > 都議 塩村あやかが見た「政治のリアル」

都議 塩村あやかが見た「政治のリアル」

小池百合子都知事が誕生して以来、豊洲新市場移転、東京五輪の競技場問題など、東京都議会が大きな注目を集めている。セクハラやじを受けて話題となった塩村あやか都議が政治のリアルを語る。

プロフィール
塩村 あやか(しおむら・あやか)東京都議会議員(世田谷区選出)
1978年広島県出身。ロスジェネ世代のため、非正規雇用で社会に出る。タレント、ライターを経て、放送作家に転身。24時間テレビやシューイチ(日本テレビ)など、数多くのテレビ...
詳しく見る
塩村 あやか(しおむら・あやか)

1978年広島県出身。ロスジェネ世代のため、非正規雇用で社会に出る。タレント、ライターを経て、放送作家に転身。24時間テレビやシューイチ(日本テレビ)など、数多くのテレビやラジオ番組を担当。ラジオ番組を通じ、社会の問題はすべて政治にいきついていると気づき、2013年東京都議会議員選挙に立候補。当選を果たす。初の一般質問にてセクハラやじ騒動が発生し、都議会の実態を世界に発信するきっかけとなった。動物愛護、女性や子供を応援する施策に力をいれていることでも知られている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー